730

安達祐実がアパレルブランドを初プロデュース 存在感の強弱で遊ぶ「虜」

安達祐実がアパレルブランドを初プロデュース 存在感の強弱で遊ぶ「虜」

「虜(Torico)」

  • 11 images

POPなポイントを3行で

  • 安達祐実プロデュースブランド「虜(Torico)」始動
  • ブランド公式YouTubeチャンネル開設、Vlogで新作を発表
  • プロデュース背景にはライフワークとなった服での経験
俳優の安達祐実さんが初めてプロデュースを手がけるアパレルブランド「(Torico)」が発表された。

同ブランドは12月15日(火)から公式サイトにて販売を開始。あわせてブランド公式YouTubeチャンネルも開設された。

【画像】安達祐実プロデュース「虜(Torico)」ラインナップ

奇跡の若々しさが話題を呼ぶ安達祐実

安達祐実さんは、2歳からキャリアをスタートした俳優。

ドラマ『家なき子』や『ガラスの仮面』で知られ、近年ではテレビ東京の『捨ててよ、安達さん。』にて、本人役で主演をつとめた。
ドラマ25 捨ててよ、安達さん。
また、Instagramのフォロワー数は76万人を超え、美容誌『VOCE』の公式YouTubeチャンネルにて公開されたセルフメイク動画の再生数は690万回を超えている。

その若々しさはたびたび「奇跡」とも称され、ファッション誌『CanCam』の表紙に器用された際には、同誌の表紙における史上最年長記録となった。
【安達祐実】セルフメイク動画を大公開!

着たいように着れる「虜(Torico)」

「虜(Torico)」アイテム

ブランドをプロデュースすることになった背景には、長年オーバーサイズの服やメンズ服などのサイズを詰めたりスリットを入れたりと、安達さん自らが服を変形させながら自分らしく着ることを楽しんできた経験があるという。

それがいつしか大事なライフワークとなり、服と関わる時間の中で「そのままの私でいいんだ」と気づき、その想いと共にアパレルブランド「虜」が誕生した。 誰の目も気にせず、何かに虜になるひとときを大事に過ごすファッションアイテムを展開する「虜」。

体格にとらわれず、着る人によってサイズとシルエットが変わり、存在感の強弱を自分自身で遊べるようなファッションの魅力を届けていくことを目指している。

初回販売では、ロングTシャツ、シャツ、スウェット、スカート、スカーフ等の商品を揃えており、12月15日(火)より専用サイトにて販売を開始した(外部リンク)。

ショーやカタログではなく、Vlogで新作を発表

「虜(Torico)」アイテム

従来のアパレルブランドにない挑戦として、ショーやカタログではなく、Vlog形式で新作を発表。

安達祐実さんの近しい人たちで撮影を行い、「虜アイテムと安達祐実」がある風景を表現・発表していく場として、ブランド公式YouTubeチャンネル「虜」が開設された。

今回のブランド発表と販売開始に寄せて、安達祐実さんからコメントが届いている。

安達祐実さんコメント

30代になってから、ファッションは自分を表現するもののひとつだと気づきました。

その手段としての大切さ、自分にとっての重要性が高まり、大好きな洋服を作ることができたら良いなと思っていました。

虜-Torico-を通じて、みなさんにもファッションを楽しんで欲しい。自分の内面にあったものを身にまとう楽しさや、人に自分を理解してもらうことの喜びを感じながら生きていられたら。

そんなうれしい気持ちを、みなさんにも感じてもらえたらと思います。

【画像】安達祐実プロデュース「虜(Torico)」ラインナップ

ユニークかつポップなファッション

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

673
Share
3
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ