16

『少年ジャンプ+』に編集なし「インディーズ連載枠」創設 閲覧数で報酬ボーナスも

『少年ジャンプ+』に編集なし「インディーズ連載枠」創設 閲覧数で報酬ボーナスも

インディーズ連載枠/画像は少年ジャンプ+編集・モミーさんTwitterより

POPなポイントを3行で

  • 『少年ジャンプ+』に「インディーズ連載枠」が創設
  • 「ジャンプルーキー!」内ランキングで1位を取れば連載獲得
  • 連載後も人気次第で原稿料が上昇
集英社の漫画アプリ『少年ジャンプ+』に、編集部のネームチェックを介さないで自由に連載できる「インディーズ連載枠」が創設されることが発表された。

ヒット作を生み続けるWeb漫画『少年ジャンプ+』

『少年ジャンプ+』は、ダウンロード数・1600万、月間ユーザー数・700万人を超えるWeb漫画媒体。

曜日毎に連載作があり、その中からは『SPY×FAMILY』や『怪獣8号』などのヒット作も多数生まれている。
【SPY×FAMILYプレゼンツ】ジャンプ+潜入ミッション

人気次第で原稿料も上昇「インディーズ連載枠」

今回創設された「インディーズ連載枠」は、漫画投稿サービス「ジャンプルーキー!」内のジャンプ+連載争奪ランキングにて1位を取ることで獲得できる。

ランキングは、エントリー作品の最新3話分の閲覧数の合計によって決定される。

ジャンプ+連載争奪ランキング/画像はジャンプルーキー!公式サイトのキャプチャー

インディーズ連載枠は、表現が掲載基準に達しているかなどの最低限のチェックは入るものの、編集部によるネームチェックを経ずに自由に連載が可能。

さらに、原稿料も人気によって変動。

ページあたり5000円を下限に、各話更新後72時間の閲覧数によって人気ボーナスが得られ、最大でページあたり2万円にまで上昇する。

インディーズ連載枠/画像は少年ジャンプ+編集・モミーさんTwitterより

なお、連載争奪ランキング1位以外の作品でも、「編集部推薦枠」としてインディーズ連載権を獲得できることもありうるという。

『チェンソーマン』や『SPY×FAMILY』といった人気作を担当し、ヒットを生み出す編集者・林士平さんは、KAI-YOUのインタビューにて「作家さんはよく『バズりたい』とおっしゃるんですが、本当のゴールはお金を出して作品を読んでくれる人を1人でも増やすことだと思うんです。」と語っている。 林士平さんの言う通り、SNSに漫画を投稿する人が増える一方、それが収入に直結しないという話もよく目にする。

SNSでのバズによって作家の報酬が増えうるこの取り組みは、Web漫画シーンにどのような風を吹かせるのだろうか。

進化し続ける漫画シーンの最先端

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ