京都の音楽フェス「ボロフェスタ」中止 2021年に2週連続で大規模開催

「ボロフェスタ2020」エンドロール

POPなポイントを3行で

  • 京都の音楽フェス「ボロフェスタ2020」中止を発表
  • 開催20年目となる「ボロフェスタ2021」は2週連続開催
  • 大きな文化祭のような、居心地の良い音楽フェス
京都の音楽フェス「ボロフェスタ2020」の開催中止が発表された。

同イベントは、10月にKBSホールおよびCLUB METROで3日間の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を考慮した結果、中止を決断した。

中止については「ボロフェスタ2020 エンドロール」と題した映像を公開する形で発表。

映像には、過去のイベント写真を背景に、出演する予定だったアーティストの名前やイベントに携わる人物・団体の名前がずらりと並んだ。

また、同時に「ボロフェスタ2021」の開催も発表。初開催から20周年を記念して、2021年10月22日(金)から24日(日)、そして10月29日(金)から31日(日)の2週連続開催が決定した。

世界で一番人間的な音楽フェス「ボロフェスタ」

「ボロフェスタ」は、京都にゆかりのあるアーティストやライブハウスが主体となり、2002年に初開催を遂げた音楽フェス。

主催者が、全国から「今観たい」と思うアーティストを呼んで、100人以上のボランティアスタッフと共に会場設営から運営までを担当して、毎年開催し続けてきた。
【ボロフェスタ2019】 10/25〜27@京都KBSホール&METRO
筆者は2013年に同イベントを訪れているが、会場のあちこちに手づくりの装飾が施され、ボランティアスタッフがアーティストのライブを観客と同じ笑顔で楽しんでいたことが深く印象に残っている。

とにかく会場中が温かい空気に満ちていて、いわば「大きな文化祭」のようなフェスだと感じられた。イベントの掲げる「世界で一番人間的な音楽フェスティバル」という言葉にも大きく頷ける、居心地の良い場所だ。

新たな「好き」を見つけられる場

今まで聴いたことのなかった音楽と出会える」というのは、音楽フェスの醍醐味のひとつとして挙げられるだろう。

ボロフェスタには、ジャンルも年代も越えて様々なアーティストが出演してきた。過去には京都を代表するバンド・くるりや、多くの熱狂的ファンに支持されたゆらゆら帝国らも出演している。

近年では、BiSH岡崎体育さん、そしてKing Gnuらの人気若手アーティストも多く出演しており、ますますバラエティーに富んだ出演陣が出揃うフェスとなっていた。

そんな多彩で大勢のアーティストが出演するボロフェスタだが、KBSホールという1つの会場を目一杯使って開催されており、ステージ間の移動が非常にスムーズだった記憶がある。そのため、たくさんの出演アーティストのステージを余すところなく楽しめたのだ。
柴田聡子-いきすぎた友達 MV
筆者は「ボロフェスタ2013」で初めて柴田聡子さんの弾き語りを目にし、それ以来とても好きになった。物販ブースの一角に設けられたステージで飄々と歌う柴田さんの姿を未だに鮮烈に覚えている。

「ボロフェスタ2021」へ、着て行きたい物販も

イベントの開催自体は中止となってしまったが、2021年の大規模開催に向けて、期待や高揚感をさらに高めてくれるグッズの再販や送料無料キャンペーンが開始された(外部リンク)。 ロックバンド・愛はズボーンのボーカル/ギターである金城昌秀さんがデザインを手がけた「ボロフェスタ2020」オフィシャルTシャツには、ボロフェスタと、それに先駆けて開催されるイベント「ナノボロフェスタ」の名前が入ったオリジナルタグが使用されている。

また、イラストレーター・香月雷電さんのイラストを刺繍した、完全受注生産販売のポロシャツ「BORO POLO」も再販。送料無料キャンペーン含め9月3日から9月18日(金)までの期間限定なので、早めにチェックしよう。

「ボロフェスタ2020」グッズ「BORO POLO」

【画像】普段使いもできるボロフェスタグッズたち

フェスは終わらない

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

イベント情報

「ボロフェスタ2021」

日程
2021年10月22日(金)〜24日(日)、29日(金)〜31日(日)
会場
京都KBSホール(京都府京都市上京区 上長者町 KBS京都放送会館)
京都CLUB METRO(京都府京都市左京区下堤町82)

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ