45

『ザ・ボーイズ』シリーズ3製作決定 スプラッター描写も辞さない異端ヒーローもの

POPなポイントを3行で

  • 『ザ・ボーイズ』シリーズ3の製作が決定
  • Amazonのオリジナルドラマで最も視聴されたドラマ
  • グロやブラック・コメディなどヒーローものとして異端の構成

画像は動画「The Boys Season 2 Comic Con Trailer 2020 - Season 3 Teaser and Justice League Easter Eggs Breakdown」から

Amazon Prime Videoで配信されているドラマ『ザ・ボーイズ』のシーズン3の制作が決定した。

9月4日(金)からのシーズン2配信を前にした続編製作の発表となる。

また『Prime Rewind: Inside the Boys』と題したアフターショーが、8月28日(金)から配信されることも明らかになっている。

スーパーヒーローを打倒する一般人『ザ・ボーイズ』

The Boys - Official Trailer | Prime Video
『ザ・ボーイズ』は、アメリカの作家・Darick RobertsonさんとGarth Ennisさんによる同名漫画『The Boys』を原作にしたドラマ。

欲と名声に溺れ腐敗したスーパーヒーロー(セブン)を打倒するために、非公式の組織「ザ・ボーイズ」に所属する超能力を持たない人間が戦うという物語。

とある理由でヒーローを憎む主人公のウィリアム・“ビリー”・ブッチャーの復讐劇を中心に、ヒーローの存在に振り回される個々人を群像劇で描いている。

現在Amazon Prime Videoで配信されたオリジナルドラマ史上最高の視聴回数を記録しており、国内外で注目されている作品でもある。

ブラック・コメディ要素を多分に含む異端さ

スパイダーマン』シリーズやクリストファー・ノーラン監督による『バットマン』シリーズなど、ヒーローの目線で彼らの苦悩を描いた作品もあるが、一般人の目線からヒーローを扱うのはあまり例がない。

ヒーローの存在が社会にもたらす功罪を、ブラック・コメディや血なまぐさい表現も多分に含みつつ描いており、アメリカの定番コンテンツとしては異端の構成をとっている。

常識にとらわれない

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ザ・ボーイズ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 21

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ