54

米クリエイターによる1/6の恐竜アクションフィギュア 羽毛や翼を再現、26の可動箇所

POPなポイントを3行で

  • 1/6恐竜のアクションフィギュアシリーズ「Beasts of Mesozoic」
  • クラウドファンディング「GREENFUNDING」にて開催中
  • 貪欲で敏捷な中型の羽毛恐竜・ドロマエオサウルスら
米クリエイターによる1/6の恐竜アクションフィギュア 羽毛や翼を再現、26の可動箇所

画像はすべて「GREENFUNDING」ページより

  • 14 images

米クリエイターが手がける恐竜のアクションフィギュアシリーズ「Beasts of Mesozoic」を、日本で購入するクラウドファンディングプロジェクトが「GREENFUNDING」で始まっている。

対象は、貪欲で敏捷な中型の恐竜・ドロマエオサウルスたち。長さ約30㎝、高さ約13㎝、重さ約227gという1/6スケールで、26の可動箇所がついたアクションフィギュアとなる。

目標金額は少額の10万円。すでに6万円以上が集まっている。2020年11月からの発送を予定している。

恐竜のアクションフィギュアを進化させたい

「Beasts of Mesozoic」を手がけるのは、玩具業界で働き、自身も膨大なコレクションを抱えるデイビッド・シルバ(David Silva)さん。
ラプトルシリーズ 製作者デイビッドシルバより
彼は、多くのアクションフィギュアがすさまじい進化を遂げる中、恐竜のおもちゃは遅れをとっているのではないか、と懸念を抱えていた。

恐竜のおもちゃは当然ライセンス料がかからず、簡素なパッケージやデザイン、可動箇所も少なくても、他のアクションフィギュアと同じかそれ以上だという。

そこで、恐竜のアクションフィギュアも、価格に見合う正当なクオリティのものを提供したい、という思いからCreative Beast Studioを設立した。

それが、本シリーズ誕生に繋がっていった。

羽毛恐竜「ヴェロキラプトル」たちを大迫力で再現

今回のクラウドファンディングプロジェクトでは、中生代に生きていたとされる恐竜たちのフィギュアが対象。

「素早い泥棒」のニックネームをもつヴェロキラプトル、敏捷で貪欲な中型恐竜・ドロマエオサウルス、中国で発見されたチェンユアンロングの3種だ。

ヴェロキラプトル

顎の関節を動かして、威嚇や攻撃の仕草も再現。丁寧に塗り分けられた微細な毛並みの動きも、臨場感をたたえている。

ドロマエオサウルス

ある時期まで、恐竜の皮膚=トカゲのようなものというのが定説だったが、羽毛の痕跡が化石記録で確認され、それらは「羽毛恐竜」と呼ばれるようになった。

チェンユアンロング

「Beasts of Mesozoic」では、デイビッド・シルバが“猛禽類”と呼ぶそれらの羽毛恐竜たちを、科学のいち学説に基づいて再現。羽に加えて、指先の先端には猛禽類らしいカギ爪も有している。

ダイナミックなポージングで恐竜たちの躍動感を表現するための、ベースとポージングロッドも付属している。

コレクター・トレーディングカードも各1枚ついてくる(ただしチェンユアンロングには付かず)。

1体9,200円から10,200円、3体セットで25,000円と決して安価ではないが、精巧なアクションフィギュアに興味のあるコレクターはチェックされたし。
ヴェロキラプトル

リモートワーク以降、部屋にフィギュア増えがち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ヴェロキラプトル」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 42

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ