14

悪鬼・ミツクリザメ11尾、シーパラに緊急出現

悪鬼・ミツクリザメ11尾、シーパラに緊急出現

画像は横浜・八景島シーパラダイス公式Twitterより

2013年11月14日(木)から、横浜・八景島シーパラダイスで「ミツクリザメ」の展示が始まった。過去に例のない大量展示となるため、注目が集まっている。

「生きた化石」と呼ばれるサメ

ミツクリザメは「生きた化石」ともいわれている深海に潜むサメだ。謎が多く、中生代の化石種によく似た形をしている。日本では1200mにもなる深さの海で捕獲されているそうだ。英語では「ゴブリン・シャーク(Goblin shark)」といい、長く飛び出た、吻先が平べったいところが特徴的だ。その見た目から、ネット上では「リアルエイリアン」などと呼ばれ親しまれている。
悪鬼が泳ぐ!ゴブリンシャーク映像記録 - The picture record of the goblin shark

前代未聞の大量展示!

そのミツクリザメが、2013年11月13日(水)に、横須賀市長井沖、水深約300mの地点で生きたまま捕獲され、その日中にシーパラ内の「アクアミュージアム」3階深海水槽と「ドルフィンファンタジー」円柱水槽に運び込まれた。しかも、その数なんと11尾!

シーパラでも、以前にミツクリザメの展示は行われたことがあるものの、いずれも単体での展示であったため、この数のミツクリザメの展示は「これだけの大量展示は過去に例がない」とのことで、飼育担当も驚いているそうだ。その中でも最大は約1.2mのメス。キズも少なく状態は良好のようだ。

しかし、ミツクリザメに関しては、過去の最長飼育記録が6日間という、長期飼育が非常に難しいサメのため、いつまで展示できるかもわからない状態。シーパラも、今後の飼育数は減少していくだろうと公式Twitterから発言している。

シーパラもクリスマスモード!

全長8mのジンベエザメロボット点灯する「アクアイルミリウム」

また、2013年12月25日(水)まで、「ドルフィンクリスマス’13」と題し、イベントも盛りだくさんのシーパラ。ジンベエザメやイルカのオブジェのついた輝く「ドルフィンツリー」の展示や、クリスマス用の衣装を身に纏ったペンギンが行進する「ペンギンパレード~クリスマスバージョン~」、全長8mのジンベエザメロボットが光と音楽に合わせて動くマジックタイムを持つ「アクアイルミリウム」もクリスマス仕様に変身中だ。

左は「ドルフィンツリー」、右は「ペンギンパレード」

本日11月14日、埼玉県民の日で休日の方々はもちろん、時間のある方は急いでシーパラに直行だ!


画像は八景島公式サイトより引用

執筆者:あそうまお

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

6
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ