35

『ギャルと恐竜』アニメ版PV公開 コンビの日常マジかわいくてあげみざわ

POPなポイントを3行で

  • 『ギャルと恐竜』実写版に続いてアニメ版のPV解禁
  • 動いてる!喋ってる!かわいい…!
  • 4月4日より実写版と合わせて30分放送

「ギャルと恐竜」アニメ版PV

4月4日(土)よりアニメ版と実写版が同時に放送開始する『ギャルと恐竜』のアニメ版PVが公開された。

アニメ版PVでは、実写版よりも原作のイメージに近い『ギャルと恐竜』本来のかわいさを感じることができる。

楓のキャラクターボイスをつとめるのはアニメ『キャロル&チューズデイ』のキャロル役を担当した島袋美由利さん。メインキャラクターたちが歌うOPテーマ「恐竜あげみざわ☆」も初解禁となった。

絶妙なコンビのゆるい日常

『ギャルと恐竜』は森もり子さんが原作、トミムラコタさんによる漫画。

ギャルのが酔った勢いで家に連れ込んでしまった恐竜との共同生活を描いた作品。とにかくポジティブに何事もスパッと決めるギャルと、喋らないが表情豊かに感情を表す恐竜のやりとりが微笑ましい物語だ。

2018年4月に2人がこの作品をTwitterに投稿すると、独特のゆるさとキュートさですぐさま人気を集め、その後、同年10月より『週刊ヤングマガジン(講談社)』にて連載を開始した。

実写とアニメの両方で同時に映像化されるという異例の事態、そしてそこに至るまでのあまりの早さに当時トミムラさんは「冗談かと思った」とコメント。ファンからも驚きと祝福のコメントが相次いでいた。

アニメも実写でもゆるい日常を楽しむ

「ギャルと恐竜」実写版PV
アニメ版PVに先立って、実写版の予告映像もすでに公開されている。

実写で楓を演じているのはギャル誌『nuts』専属モデルの8467(やしろなな)さん。相棒である恐竜は、くるくると変わる表情はそのままに、パペットの柔らかそうな質感が愛らしい姿になっている。

同作は前半はアニメ、後半は実写の二部構成で4月4日よりTOKYO MX、BS11などで放送されるほか、AbemaTVなどでの配信も行われる(外部リンク)。

30分間、1人と1体(?)の日常をたっぷり楽しむことができそうだ。

あと1ヶ月!!

こんな記事も読まれています

作品情報

アニメ『ギャルと恐竜』

放送日 2020年4月4日(土)25:よりTOKYO MX、BS11にて放送開始
原作 森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』(講談社『ヤングマガジン』連載)
シリーズ構成・シリーズ監督 青木純
アニメーション制作 スペースネコカンパニー/神風動画
制作 キングレコード/講談社

関連キーフレーズ

「ギャルと恐竜」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ