39

『日本沈没2020』本編映像がついに解禁 KEN THE 390監修のラップシーン

POPなポイントを3行で

  • 『日本沈没2020』の本編映像が初解禁
  • 公開されたラップシーンの監修はKEN THE 390
  • 『映像研には手を出すな!』の湯浅政明が監督
『日本沈没2020』本編映像がついに解禁 KEN THE 390監修のラップシーン

『日本沈没2020』

7月9日(木)からNetflixで全世界独占配信される『日本沈没2020』。

その劇中で描かれるラップシーンの監修を、ヒップホップアーティスト・KEN THE 390さんが担当することが発表され、その映像と場面写真が解禁された。

なお本編映像の解禁は今回が初となる。
『日本沈没2020』クリップ|ラップに乗せて魂で叫べ!
Netflixオリジナルアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』以来、湯浅政明監督とKEN THE 390さんのタッグは2度目。

再びタッグを組むことについてKEN THE 390さんは、「2度目のオファーということで、前作の内容を気に入っていただけたのだと感じて、最初の時よりさらにうれしかったですし、身が引き締まりました」と意気込みを語っている。

2020年の日本を舞台に小松左京の『日本沈没』を描く

『日本沈没2020』予告編 - Netflix
2020年の現代日本が舞台の本作。

平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震により、都内に住むごく普通の家族・武藤家の(あゆむ)と(ごう)の姉弟が、沈みゆく日本列島を襲う大混乱のさなか、家族4人で東京からの脱出を試みる物語。

夜明け告げるルーのうた』『映像研には手を出すな!』を手がけてきた湯浅政明監督が、小松左京さんのベストセラー小説『日本沈没』初のアニメ化に挑んだ作品となる。

『日本沈没2020』 あらすじ
2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。

都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく彼らを追い詰めていく。

極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。途方もない現実と向き合う中、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく…

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「日本沈没2020」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ