43

押井守がジブリ作品を分析『誰も語らなかったジブリを語ろう』増補版

押井守がジブリ作品を分析『誰も語らなかったジブリを語ろう』増補版

押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』

POPなポイントを3行で

  • 入手困難の『誰も語らなかったジブリを語ろう』増補版が発売
  • 『攻殻機動隊』手がける押井守が「ジブリ」を語り尽くす
  • 「ジブリ」プロデューサー・鈴木敏夫との往復書簡も
映画監督・押井守さんによる著書『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』が8月20日(金)に発売される。

同書は2017年に発売されて大きな話題を呼び、入手困難となっていた『誰も語らなかったジブリを語ろう』の増補版で、Amazonなどで予約受付が開始されている。

オリジナル版の内容に加え、押井さんと40年来の親交があるスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫さんとの往復書簡や、押井さんの盟友・石川光久さん(Production I.G 代表取締役社長)と、スタジオジブリなどでプロデューサーをつとめてきた高橋望さんとの鼎談が収録される。

カバーイラストは『映像研には手を出すな!』『日本沈没2020』などで知られるアニメーション監督・湯浅政明さん、聞き手・構成・文は映画ライター・渡辺麻紀さんが手がけている。

巨匠・押井守がジブリを語り尽くす

押井守さん

押井守さんは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『機動警察パトレイバー 2 the Movie』など、国内外で支持を集めるアニメーション作品を多く手がけてきた映画監督。 2月には、35年ぶりとなるシリーズアニメ作品『ぶらどらぶ』を発表。同作では原作・総監督を兼任した。
『ぶらどらぶ』本予告 TV版
新作を手がけるたびに大きな話題を呼ぶ押井さんが、同じく全世界的にファンの多いジブリ作品を語り尽くしたのが『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』だ。

1984年に公開されたスタジオジブリ最初の作品『風の谷のナウシカ』から、2014年に公開された米林宏昌さんの作品『思い出のマーニー』まで、自身も制作者である押井さんがジブリ作品を分析している。

押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』目次

押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』目次

歴史あるものを徹底解剖

こんな記事も読まれています

書籍情報

押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版』

発売日
2021年8月20日(金)
価格
1,760円(税込)
発行
東京ニュース通信社
発売
講談社

関連キーフレーズ

3
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ