151

リアニ延期でヒゲドライバーが自主配信イベント「ヒトリアニ」開催呼びかけ

POPなポイントを3行で

  • 「Re:animation」延期を受けて自主イベント「ヒトリアニ」開催
  • 出演予定だったヒゲドライバーが有志に開催を呼びかける
  • 新型コロナウイルスへのカウンターとして
リアニ延期でヒゲドライバーが自主配信イベント「ヒトリアニ」開催呼びかけ

「Re:animation 14 in Uenohara」キービジュアル(Illustration by フライ)/画像は公式サイトから

新型コロナウイルスの影響で開催延期が発表されている「Re:animation 14 in Uenohara」。

これを受けて、出演予定だったピコピコ系ミュージシャン・ヒゲドライバーさんがネット上で行う自主配信イベント「ヒトリアニ」を開催すると自身のTwitterで発表。

「Re:animation 14 in Uenohara」が開催される予定だった3月29日(日)に行うとしている。 なお、もし同じく出演者でキャンペーンに賛同して配信する人がいたら、是非お互いの配信と配信を繋いで広げていきたいと呼びかけている。

日本初のアニソン野外フェス「Re:animation」

「Re:animation 14 in Uenohara」キービジュアル(Illustration by 鍋島テツヒロ)

Re:animation」は、アニソンをメインとした日本初の野外音楽フェスティバル。

2010年12月に歌舞伎町で初開催され、2018年から野外音楽フェスティバルとして開催されている。

10周年を迎える今年だが、新型コロナウイルスの影響で開催を一旦断念。延期日程が未定となっているため、払い戻し措置も行われているが、そんななか「こんなときだから、楽しいことをやっていこう!」と呼びかけたのは、これまで数々のアニメ・ゲーム作品に曲を提供し、いくつものアンセムを生み出しているヒゲドライバーさん。

3月12日に表明されたばかりのアクションだが、「Re:animation」の公式Twitterもリツイートで反応するなど反響を呼んでいる。

「ほかにも参加に対して名乗りを上げるDJがいれば」

ヒゲドライバーさん

KAI-YOUがヒゲドライバーさん本人に聞いたところによると、開催時間は未確定なものの、本来予定されていた出演時間帯の15時〜17時を想定しているとのこと。

また、「ほかにも参加に対して名乗りを上げるDJがいれば嬉しいです」と話し、ハッシュタグ「#ヒトリアニ」で各DJの配信が繋がる流れができればと語る。

もしも参加者が集まった場合はタイムテーブルもつくり、ネットで繋がる音楽フェスとして開催できればと構想している

新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが延期・中止に追い込まれているが、「ヒトリアニ」のようにネットへ活路を見出すケースは続出している。 世界的な問題となっている新型コロナウイルスだが、これに対するカウンターもあちこちで起こり始めている。

追記:参加者も呼応 タイムテーブル確定

呼びかけの結果、賛同者が続々集結。最終的に全10組による「ヒトリアニ」タイムテーブルが発表された。配信は11時から予定。

カルチャーは止められない

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ヒゲドライバー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 151

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ