ホロライブさくらみこ、聖夜に贈る「35Pとみこのうた」 ヒゲドライバー提供

ホロライブさくらみこ、聖夜に贈る「35Pとみこのうた」 ヒゲドライバー提供
ホロライブさくらみこ、聖夜に贈る「35Pとみこのうた」 ヒゲドライバー提供

さくらみこ「僕らと君のうた。」ジャケット写真/画像はホロライブ公式サイトより

バーチャルYouTuber(VTuber)グループ・ホロライブ所属のさくらみこさんが、新曲「僕らと君のうた。」を12月25日に配信リリースした。

現在、iTunes Storeなどで販売されているほか、Apple Music、Spotify、LINE MUSICなど各種定額制(サブスク)音楽配信サービスで配信されている。

作詞・作曲はアニメ『機巧少女は傷つかない』エンディング曲「回レ!雪月花」などで知られるピコピコ系ミュージシャンのヒゲドライバーさん、ジャケットイラストはアニメーター/イラストレーターのkappe(平山寛菜)さんが担当している。

さくらみこ「みこぴーとみこの歌ですっ!」

さくらみこさん曰く、「みこぴー(35P:さくらみこさんのファン)とみこのうた」(外部リンク)であるという今回の楽曲。

アコースティックなバンド編成の上に、シンセベルやコーラスなどが散りばめられた、冬を彷彿とさせるアレンジに仕上がっている。

リリースを告知した12月24日夜クリスマスイブの配信(外部リンク)の中でさくらみこさんは、その制作について「すごい悩んで悩んで」と告白。ヒゲドライバーさんと何度も打ち合わせを重ねたことを明かした。

また、「ホロライブに加入し(て4年経っ)た記念の曲でもありますから、ぜひそういう背景も考えて聴いてもらえたらすごい嬉しいな」という言葉も残している。

エリート巫女アイドル・さくらみことは?

さくらみこさん

さくらみこさんは、カバー株式会社が運営する女性VTuberグループ・ホロライブの“エリート巫女アイドル”。

2018年8月に「さくらみこProject」という別プロジェクトからデビュー。同年12月にホロライブに途中加入し0期生と呼ばれるようになった。執筆現在、YouTubeのチャンネル登録者数は160万人を超えている。

配信活動中、さくらみこさんは「撮れ高の神に愛されている」とも称される“ポンコツ”っぷりを遺憾なく発揮。その一方で、配信者として“エリート”な一面も度々見せており、そのギャップや可愛らしさがファンを虜にしている。

音楽方面では、これまでに「サクラカゼ」「さくら色ハイテンション!」「花月ノ夢」「マイネームイズエリート☆」「みっころね×しょうたいむ!!」「ベイビーダンス」などをオリジナル曲として発表している。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

さくらみこさんの関連記事

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ