201

SoundCloudのコアな使い方とは? tomadの「音楽掘り方講座」がためになる

SoundCloudのコアな使い方とは? tomadの「音楽掘り方講座」がためになる

画像は資料「音楽の掘り方講座」より

日本のネットミュージックシーンを牽引してきたレーベル・Maltine Recordsを主催するtomadさんが、無料音楽クラウドサービス・SoundCloudでの、新しい未知なる音楽に出会う、いわゆる“音楽の掘り方”について解説した資料をWeb上で公開した。

これは、7月23日に新宿BE-WAVEにて開催された、新世代のサウンドユニット・HyperJuice主催のイベント「HYPE ME UP!」での、tomadさんによる「音楽の掘り方講座」での資料。

同イベントでは、HyperJuiceのharaさんのほか、ゲストDJとして参加していたDJ WILDPARTYさん、Gonbutoさん、shitarabaさんによる音楽の掘り方も紹介された。
「音楽の掘り方講座」アーカイブ
Broadcast live streaming video on Ustream

幅広い音楽活動を行っているtomadさん

tomadさんは、2005年に弱冠16歳で高校の同級生と共にネットレーベル「Maltine Records」を立ち上げ、2006年頃よりラップトップを使ったDJ活動を開始。

「Maltine Records」は、これまでにtofubeatsさんや三毛猫ホームレスラブリーサマーちゃんさんや芳川よしのさんなど、数々の有名トラックメイカーやアーティストたちを輩出し、今や日本を代表するネットレーベルとして知られている。

そんなtomadさんによる「音楽の掘り方講座」では、SoundCloudの「メリット・デメリット」、「様々な使用方法」、「色んな音楽を紹介してくれるチェックするべきアカウント」など、SoundCloudそのものの性質や、新しい音楽との出会い方を教授している。

常に新しい音源が上がっているSoundCloud

注目すべき点は、SoundCloudのメリットとして、「安い」、「手軽」、「ナウい」の3点を挙げられていることだろう。

SoundCloudは、アップロード者が許可をしていれば無料で音源を手に入れることができる。また、インターネット環境とブラウザさえあれば簡単にアクセスすることができる手軽さ、そして、常に新しい音源が上がっていることが魅力であると語っている。

一方で、デメリットとして、誰でも簡単に音源をアップロードできることもあり、質の高い曲が少ないことや、あまりの楽曲の多さに掘るのに時間がかかってしまうことを挙げている。

【次のページ】チェックするべきアカウント
1
2

こんな記事も読まれています

113
Share
88
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ