ワニワニパニックが『幼稚園』の付録で復活 当時の開発スタッフが監修

ワニワニパニックが『幼稚園』の付録で復活 当時の開発スタッフが監修
ワニワニパニックが『幼稚園』の付録で復活 当時の開発スタッフが監修

『幼稚園』付録の「ワニワニパニック」/画像はバンダイナムコエンターテインメント公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 『幼稚園』の付録が斜め上の発想
  • 「ワニワニパニック」がもはや付録の域ではない
  • バンダイナムコエンターテインメント完全協力
ユニークな付録で好評を博す、小学館が発行している幼児向け雑誌『幼稚園』の勢いが止まらない。それどころかさらに勢いづいている。

『幼稚園』ではこれまでにモーターユニット内蔵で、お札の出し入れが可能な「セブン銀行ATM」や、吉野家の牛丼をつくる工程を楽しく学べる「ぎゅうどんづくりゲーム」を本誌の付録にしており、発表されるたびに反響を呼んでいる。 そして、2月29日(土)に発売する4月号の付録は、誰もがゲームセンターで一度は見たことあるアーケードゲーム「ワニワニパニック」だ。

実は絶滅危惧種?「ワニワニパニック」

「ワニワニパニック」は1989年に誕生した、穴から出てくるワニをハンマーで叩いてポイントを稼ぐゲーム。

ゲームセンターだけでなくデパートのゲームコーナーなどにも設置されていて、国民的アーケードゲーム“だった”と言っても過言ではない。

しかし、2017年に製造元であるアミューズメント機器製造会社のKHPが倒産したことによって、新品の供給は不可能に。さらに既存の筐体自体の老朽化も進んでおり、Twitterなどではうまく作動しなくなった「ワニワニパニック」が話題になったことも。 そんな絶滅危惧種になりかけている「ワニワニパニック」が付録として復活。もともと開発を手がけていたバンダイナムコエンターテインメント(当時はナムコ)完全協力で、当時の開発スタッフが監修した。

今回の付録は紙の組み立て式ではあるもののモーターユニット付きで5匹のワニが出たり入ったりする動きを再現。さらにポイントカウンターまでついている。

ネット書店での予約はまだだが、早めにチェックしておきたい。

発想勝ちの制作物

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU.net編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ