260

最新ニュースを受け取る

マーベル版「ウルトラマン」コミック誕生 円谷とのコラボ、2020年刊行へ
マーベル・エンターテイメント(MARVEL)と円谷プロダクションとのコラボが、現在開催中の「東京コミコン2019」で明らかになった。

日本が誇る「ウルトラマン」を、マーベルがコミックとして2020年に発行。マーベルのアートとストーリーによって、ウルトラマンの新たな物語が展開される。 マーベルは過去にも、『少年ジャンプ』とコラボ。『遊☆戯☆王』の作者・高橋和希さんをはじめ、作家7人が『スパイダーマン』『アイアンマン』などの人気作品を読切で執筆した。

撮影:Diora
「東京コミコン2019」での発表の様子をもっとみる

マーベル編集長「ウルトラマンの新たな章を」

東京コミコン2019_マーベル 今回のコラボに関してマーベル・コミックス編集長のC.B.セブルスキーさんはウルトラマンを「今日のポップカルチャー界で一番情熱的とも言えるファン層を築いてきました」とウルトラマンの人気を強調。

ウルトラマンの新たな章をお見せできることにとてもわくわくしています」とコメント。

円谷プロダクションの代表取締役会長兼CEOの塚越隆行さんは「マーベルとウルトラマンの新たなストーリーを開発し、世界中のマーベルファン、ウルトラマンファン双方にお届けできることを、私自身とてもワクワクしています」と、共にこのコラボを興奮気味に発表した。 東京コミコン2019_マーベル

「世界で最も人気のあるフランチャイズの一つとして、ウルトラマンは今日のポップカルチャー界で一番情熱的とも言えるファン層を築いてきました。(今回のプロジェクトを通じて)さらに多くのファンへ新たな物語をお届けすることをとても楽しみにしています。マーベルと同様に、ウルトラマンは現実世界を舞台とした壮大な物語を通じて、世代を超え、ファンの心を虜にしてきました。そしてそれはもはや定番としてテレビ番組、映画、玩具、ゲーム、コミックやその他いろいろな形で愛されています。来年、ウルトラマンの新たな章をお見せできることにとてもわくわくしています。」 マーベル・コミックス編集長のC.B.セブルスキーさん

「このたび、80年以上に渡り世界中のファンに愛される魅力的なキャラクターやストーリーを生み出し、長くエンターテイメント業界を牽引されているマーベルとの取り組みを発表できることを大変嬉しく思います。マーベルとウルトラマンの新たなストーリーを開発し、世界中のマーベルファン、ウルトラマンファン双方にお届けできることを、私自身とてもワクワクしています。ぜひご期待ください。」 円谷プロダクションの代表取締役会長兼CEOの塚越隆行さん

©2019 MARVE

意外なコラボ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「東京コミコン2019」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 158

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ