12

12月27日(金)から公開される劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』にて、「エヴァンゲリオン」とのコラボが決定。

アニメとして「シンカリオン」と「エヴァンゲリオン」がコラボするのは、今回が2度目となる。テレビ放送時に巻き起こった熱狂が再び劇場版で蘇る。

エヴァ次回予告をオマージュしたコラボ映像

それぞれの主人公と機体、速杉ハヤト+シンカリオン E5はやぶさMkⅡと、碇シンジ+エヴァンゲリオン初号機が並ぶコラボアートに加え、『新世紀エヴァンゲリオン』の名物次回予告をオマージュしたコラボ映像も公開された。

ナレーションは、葛城ミサト役の三石琴乃さんに加え、「シンカリオン」から出水シンペイ役の緑川光さんも参加。共に指令室から作戦を指揮するキャラ同士が、夢の共演を果たしている。 コラボ映像 タイトル題字 映像には、『劇場版シンカリオン』の初公開カットとして、『新世紀エヴァンゲリオン』の第2話「見知らぬ、天井」を彷彿とさせるようなシーンも。 コラボ映像 場面カット

熱狂的な支持を誇った『シンカリオン』

劇場版アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X(アルファエックス)』は、2018年1月から2019年6月まで放送されたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』となる初の劇場版。

E5系はやぶさ、N700Aのぞみなど、実在する新幹線が変形するロボット「シンカリオン」の運転士となった子供たちが、新幹線超進化研究所の大人たちと協力して敵に立ち向かう物語だ。

もともとはJR東日本らによって立ち上がったプロジェクトとして2015年から玩具展開もされており、満をじしてアニメ化されたという経緯もあって、テレビ放送中から大人から子供まで、熱狂的な支持を誇った。

アニメとしてのエヴァとのコラボが2度目

実は放送当初から、何かと「エヴァっぽい」と話題を呼んでいた「シンカリオン」。

初回放送の翌月には早くも「エヴァンゲリオン」とコラボすることが緊急決定した。 そしてその半年後の8月、エヴァンゲリオンとのコラボ回として第31話「発進!!シンカリオン 500 TYPE EVA」が放送されることとなった。

同回ではエヴァンゲリオンの主人公・碇シンジも「シンカリオン」の運転士として登場。もちろん声も碇シンジ役の緒方恵美さんが担当した。

なお、玩具としても一度、「エヴァンゲリオン」とのコラボモデル「シンカリオン 500 TYPE EVA」が存在したため、両コンテンツはもともと馴染みが深かったとも言える。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』も公開間近

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年)に続く新劇場版の最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、2020年に公開を控えている。

なお、シリーズ前3作は、12月1日(日)0時から動画配信サイト各社で都度課金配信されることも明らかになっている。

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

エヴァもシンカリオンも楽しみ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「新幹線変形ロボ シンカリオン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 9

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ