劇場版『シンカリオン』声優陣が振り返る 佐倉綾音「これで最後じゃないと良いな」

劇場版『シンカリオン』声優陣が振り返る 佐倉綾音「これで最後じゃないと良いな」
劇場版『シンカリオン』声優陣が振り返る 佐倉綾音「これで最後じゃないと良いな」

『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』アフレコ現場

POPなポイントを3行で

  • 劇場版『シンカリオン』キャストコメント到着
  • 佐倉綾音「これから大人になる子供と、子供だった大人に」
  • 釘宮理恵「もっと様々なシーンを演じてみたい」
12月27日(金)より全国公開となるアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』の劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』のアフレコが行われた。

またメインキャストである佐倉綾音さん(速杉ハヤト役)、沼倉愛美さん(男鹿アキタ役)、村川梨衣さん(大門山ツラヌキ役)、杉田智和さん(速杉ホクト役)、釘宮理恵さん(少年ホクト役)の5人からコメントが到着。

佐倉さんは「全てのこれから大人になる子供たちと、子供だった大人たちに届いてほしい作品です」と作品への想いを語っている。

エヴァともコラボを果たした『シンカリオン』

JR東日本、タカラトミー、小学館集英社プロダクションの3社によるプロジェクトとして2015年から玩具展開されている『新幹線変形ロボ シンカリオン』。

2018年から2019年6月にはテレビアニメが放送。新幹線が平和と安全を守る存在として活躍する世界を舞台に、シンカリオンと高い適合率を持つ子供たちが巨大な敵と戦い、対話しながら成長していく姿が描かれた。 第1話から「親子関係の良好なエヴァ」と話題を呼び、実際に「エヴァンゲリオン」とのコラボエピソードが放送されたことも印象深い。

12月には劇場版が公開。公式YouTubeチャンネルでは映画の予告ほか、アニメ本編を再編集した「おまけPV」も公開されている。

声優陣からのコメントも到着

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』 予告
アフレコを振り返って佐倉さんは「あっという間にその日が来て、あっという間に終わってしまいました」と率直な感想を述べ、「思えば、TVシリーズの時もそうだったなと…がむしゃらにハヤトとして生きていたら、いつの間にか1年半走り切っていたのを思い出します」と語った。

一方、本作で『シンカリオン』初参加となった釘宮さんは、アフレコ現場の雰囲気について「賑やかで和気藹々とした雰囲気ながらも、集中する時には心地よくピリッとしていて、素敵な現場だと思いました」とコメント。

「少年のホクト」という自身の役柄についても「個性豊かなキャラクターで、演じていて楽しかったですし、もっと様々なシーンを演じてみたいな、と思いました」と心弾む役柄だった様子。

最後には「ぜひぜひ映画館へ、みんなの勇姿を観に来ていただけたら嬉しいです!」と呼びかけた。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ