4

POPなポイントを3行で

  • 劇場版『シンカリオン』キャストコメント到着
  • 佐倉綾音「これから大人になる子供と、子供だった大人に」
  • 釘宮理恵「もっと様々なシーンを演じてみたい」

最新ニュースを受け取る

劇場版『シンカリオン』声優陣が振り返る 佐倉綾音「これで最後じゃないと良いな」

『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』アフレコ現場

12月27日(金)より全国公開となるアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』の劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』のアフレコが行われた。

またメインキャストである佐倉綾音さん(速杉ハヤト役)、沼倉愛美さん(男鹿アキタ役)、村川梨衣さん(大門山ツラヌキ役)、杉田智和さん(速杉ホクト役)、釘宮理恵さん(少年ホクト役)の5人からコメントが到着。

佐倉さんは「全てのこれから大人になる子供たちと、子供だった大人たちに届いてほしい作品です」と作品への想いを語っている。

エヴァともコラボを果たした『シンカリオン』

『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』 JR東日本、タカラトミー、小学館集英社プロダクションの3社によるプロジェクトとして2015年から玩具展開されている『新幹線変形ロボ シンカリオン』。

2018年から2019年6月にはテレビアニメが放送。新幹線が平和と安全を守る存在として活躍する世界を舞台に、シンカリオンと高い適合率を持つ子供たちが巨大な敵と戦い、対話しながら成長していく姿が描かれた。 第1話から「親子関係の良好なエヴァ」と話題を呼び、実際に「エヴァンゲリオン」とのコラボエピソードが放送されたことも印象深い。

12月には劇場版が公開。公式YouTubeチャンネルでは映画の予告ほか、アニメ本編を再編集した「おまけPV」も公開されている。

声優陣からのコメントも到着

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』 予告
アフレコを振り返って佐倉さんは「あっという間にその日が来て、あっという間に終わってしまいました」と率直な感想を述べ、「思えば、TVシリーズの時もそうだったなと…がむしゃらにハヤトとして生きていたら、いつの間にか1年半走り切っていたのを思い出します」と語った。

一方、本作で『シンカリオン』初参加となった釘宮さんは、アフレコ現場の雰囲気について「賑やかで和気藹々とした雰囲気ながらも、集中する時には心地よくピリッとしていて、素敵な現場だと思いました」とコメント。

「少年のホクト」という自身の役柄についても「個性豊かなキャラクターで、演じていて楽しかったですし、もっと様々なシーンを演じてみたいな、と思いました」と心弾む役柄だった様子。

最後には「ぜひぜひ映画館へ、みんなの勇姿を観に来ていただけたら嬉しいです!」と呼びかけた。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「新幹線変形ロボ シンカリオン」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 2

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ