4

『ジョン・ウィック』最新作、キル・アクション集めた特別映像が公開

POPなポイントを3行で

  • 『ジョン・ウィック:パラベラム』の特別映像公開
  • 「ガン・フー」を超えたキルアクション集めた映像
  • 10月4日(金)日本公開
10月4日(金)に日本公開の、キアヌ・リーブスさん主演による「ジョン・ウィック」シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』の特別映像が解禁された。

本シリーズの代名詞ともいえる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション「ガン・フー」をはじめとした、ジョン・ウィックが魅せる必殺キルスキルを一挙に紹介する映像となっている。

「ナイ・フー」から「本・フー」なんでもアリ

本映像では、キアヌ・リーブスがみせる銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーはそのままに、新次元を切り開くノンストップ・キリングアクション収録されている。

ナイフを次から次へと容赦なく投げつける「ナイ・フー」や、逆手で日本刀を持ちサムライ顔負けの太刀捌きで魅せる「刀(トウ)・フー」。 さらには、バイカーアサシンに飛びかかり、敵をバイクから引きずり落すバイ・フーに、乗馬中に馬の側面に回り込んで身を隠しながらバイカーを射撃する「馬(マー)・フー」。

YouTube「ジョン・ウィックの必殺キルスキル大公開!」より

極め付けには、ハル・ベリー演じる謎の女・ソフィアの愛犬と息の合った連携で敵を圧倒する「犬(ドッグ)・フー」と、もうなんでもあり。

一番衝撃なのは、図書館の本を相手の口に押し込んで殴りつける荒技 「本・フー」。1本の鉛筆で3人を瞬殺した伝説を持つジョン・ウィックなら、身の回りのアイテムや公共財を使ってマフィアを壊滅させるのはお手の物。

YouTube「ジョン・ウィックの必殺キルスキル大公開!」より

スタント技術の高さが高く評価されるキアヌさん。本作も、これらのアクションをほぼノースタントで挑んだという。

キアヌさんは、「本作の構想はとても野心的だから、(撮影の)4ヶ月前からトレーニングを始めたんだ。戦闘シーンは多種多様で、格闘技や銃バトルだけでなく、オートバイ、乗馬、犬なども操るから、トレーニングはとても過酷だった。でも正直に言うと、それが好きなんだ。僕はこのキャラクターとジョン・ウィックの世界を愛してるんだ」と、撮影前の過酷なトレーニングと本シリーズへの愛を語っている。

カッコよさを増すばかりのキアヌ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ