28

POPなポイントを3行で

  • 『文藝』最新号に北野武の初小説
  • 創刊以来86年ぶりの3刷となった「フェミニズム」特集号
  • 尾崎世界観、MOOMENT JOON、Dos Monos・荘子itなど、多彩な執筆陣

最新ニュースを受け取る

『文藝』最新号に北野武の初小説 芥川賞作家 町屋良平、MOMENT JOONらも

『文藝』冬季号

河出書房新社が発行する季刊文芸誌『文藝』の冬季号が10月7日に発売される。

今回はビートたけしさんが、北野武名義で自身の幼少から高校時代までを綴った初小説『足立区島根町』や、2018年下半期の芥川賞を受賞し、今最も注目される文藝賞受賞作家・町屋良平さんの新作小説『カタストロフ』などが登場。

さらに今年の「文藝賞」を受賞した宇佐見りんさんの『かか』、遠野遥さんの『改良』の2作を全文一挙掲載する。

『文藝』冬季号をAmazonでチェックする

創刊以来86年ぶりの3刷となった『文藝』秋季号

『文藝』は1933年11月に創刊された日本で最も歴史の古い文芸誌のひとつであり、戦時中に唯一刊行されていた文芸誌。

創刊当初は月刊誌だったが、1980年代半ばからは季刊誌となり、これまでに星野智幸さんや山田詠美さんなどの多くの書き手を発掘してきた。

今回刊行される冬季号の前に刊行された秋季号はベストセラー『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュさんや、直木賞作家の西加奈子さんらによる日韓作家10人による短篇競作などを掲載し、創刊号以来86年ぶり、2度目の3刷を記録した。

ラップが拡張する「ことば」、「文学」

今回刊行される冬季号は、上述の作品に加えて「詩(うた)・ラップ・ことば」と題した特集が組まれている。

特集内では『祐介』等の文筆活動でも注目を集める、ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観さんの新作小説『バズの中にはおよそシェア100万個分の栄養素が含まれている』を発表。

さらに日本語ヒップホップの先駆者としても知られているいとうせいこうさんと作家・詩人・ミュージシャンなど幅広い活動をしている町田康さんが「詩」と「歌」の関係性をめぐって対談。

また、人気アイドルグループ・アンジュルムを卒業しソロ活動をスタートしたばかりの和田彩花さん、前回に引き続きの登場となる韓国人の日本語ラッパー・MOMENT JOONさん、ロサンゼルスのレーベル「Deathbomb Arc」に日本人アーティストとして初めて契約したヒップホップクルー・Dos Monosのラッパー・荘子itさん、俳人の佐藤文香さんらが自らの「ことば」を自由に突き詰め、創作表現と向き合う。

大友良英の特別寄稿、夏帆さんの初書評も

今回の『文藝』冬季号には特別寄稿として「あまちゃん」「いだてん」の音楽などでも知られ、札幌国際芸術祭の芸術監督をつとめたミュージシャン大友良英さんによる「二〇一一年からの『踏み絵』そして『盆踊り』~あいちトリエンナーレを巡る個人的な所感」を掲載。

また、モデル/女優の長井短さんによる読書日記、女優の夏帆さんによる初書評も掲載される。

さらに、小説家の絲山秋子さんによる新作「まっとうな人生」の連載がスタート。本作は映画化もされた名作『逃亡くそたわけ』の続編ともなる長編となる。

『文藝』冬季号をAmazonでチェックする

文学の今

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「文藝」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 24

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ