472

POPなポイントを3行で

  • マネキンでつくられたベラが驚異の完成度
  • 3本指や手首に装着したムチまで完全再現
  • 制作したのはとある芸人の叔父さん

最新ニュースを受け取る

マネキンでつくられた「妖怪人間ベラ」 驚異の完成度に背筋が凍りそう

マネキンでつくられた『妖怪人間ベム』のベラ/画像は赤もみじ 村田さん提供

マネキンでつくられた『妖怪人間ベム』のベラがTwitterで話題を呼んでいます。

制作したのはマセキ芸能社でお笑いコンビ・赤もみじとして活動している村田さん(@syukan_murata)の叔父さん。

妖怪人間の特徴の3本指や、手首に装着したムチまで完全再現。夜中に遭遇したら思わず逃げてしまいそうなほどの圧巻のクオリティに仕上がっています。 マネキンを使用しての制作は初めてらしく、親戚一同が「なんで初めてがベラなのか?」と聞くと、「誰もつくってないから」という珍回答が返ってきたそうです。

これに対し、村田さんも「初めてはつくりたいやつをつくったらいいのに」とコメントを寄せています。

1960年代後半の名作アニメキャラを再現

『妖怪人間ベム』は1968年に放送されたTVアニメ。各地を放浪するベム、ベラ、ベロの3人の「妖怪人間」が、世にはびこるさまざまな悪と対決していく姿を描きました。

ホラーテイストに満ちた独特のストーリーは当時の子供たちの心をわしづかみにし、最高視聴率20%を超えるヒットを記録。再放送やリメイク、実写化など、「はやく人間になりたい」という妖怪人間の言葉とともに語り継がれています。
妖怪人間ベム新作アニメ『BEM』

『BEM』/画像は公式サイトより

その中でもベラといえば、手首に装着したムチと、口から強力な冷気を吐く能力を使って戦う紅一点というイメージ。

2019年夏から放送予定の新作アニメ『BEM』でも、現代的にアップデートされたキャラクターの1人として特に注目を集めています。

制作過程にも「ゾッ」とする瞬間

マネキン製ベラの制作過程_1 仕事の合間をぬってつくられたというマネキン製のベラ。村田さんのTwitterではマネキンからベラになるまでの制作過程も公開されています。

最初はショッピングモールなどでよく見かける、驚くほどただのマネキンです。 マネキン製ベラの制作過程_2 ヤスリで綺麗に削られた3本指もお見事。 マネキン製ベラの制作過程_3 マネキンと知っていながら、黄色く塗られた眼に背筋がゾッとします。 完成した『妖怪人間ベム』・ベラ Twitterには、「イベントのブースに飾ってあるレベル」「出来が良すぎて用心棒になってくれそう!」「リメイク版ではなくオリジナル版というところに共感持ちまくりです!」などの称賛の声が寄せられています。

細部へのこだわりや制作過程を見るに、多くの制作時間がかかっていそうなマネキン。村田さんの叔父さんの次なる作品があるのかないのか、楽しみにしたいところです。

クリエイターの趣向が込められた作品たち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「妖怪人間ベム」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 18

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
「死神の夏休み」 死神のキラキラインスタが映えるような背筋が凍るような
連載
ポップな画像を紹介してみた
全209記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ