30

天才マンガ家・土田世紀全原画展開催──松本大洋らの書き下ろしも

天才マンガ家・土田世紀全原画展開催──松本大洋らの書き下ろしも

土田世紀 「俺節」 (C)土田世紀/画像は京都国際マンガミュージアム公式サイトより

『編集王』や『夜回り先生』、『同じ月を見ている』など、数々の代表作を持つマンガ家・土田世紀さんの展覧会「土田世紀全原画展――43年、18000枚。」が、5月31日(土)から8月31日(日)にかけて京都国際マンガミュージアムにて開かれる。土田さんは2012年に亡くなられている。

展覧会では、発見されている約18000枚にも及ぶ土田さんの全原画の展示や、『ザ・ワールド・イズ・マイン』の作者・新井英樹さんによる書き下ろしマンガ、ほかにもTVアニメ化で話題の『ピンポン』の作者・松本大洋さんによるイラストなど、多数のトリビュート作家による書き下ろし作品が展示される。

松本大洋 (C) 松本大洋/土田世紀/画像は公式サイトより

数々の名作を残したマンガ家

土田さんは、前述の作品以外にも『未成年』、『俺節』、『ギラギラ』など多数の作品を世に送り出してきたマンガ家。

「週刊ヤングサンデー」で連載されていた『同じ月を見ている』は、1999年度の文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞。2005年には俳優の窪塚洋介さんを主演に迎え、映画化もされた。しかし2012年4月。「週刊漫画ゴラク」で『かぞく』を連載中に、43歳という若さで帰らぬ人となった。
今回の展覧会では、そんな土田さんが残した代表作や、デビュー前に描いた未発表作『やりきれない気持』など、貴重な作品の原画も展示。

すぎむらしんいち (C) すぎむらしんいち/土田世紀/画像は公式サイトより

さらには、2013年6月に映画化された『俺はまだ本気出してないだけ』の青野春秋さんや『釣りキチ三平』の矢口高雄さん。

『超・学園法人スタア學園』のすぎむらしんいちさん、『味いちもんめ』の作画を担当する倉田よしみさんなど、そうそうたるマンガ家による、書き下ろし作品が展示される。

土田さんを語り尽くすトークショー

会期中の7月27日(日)には、松本大洋さんと新井英樹さん、すぎむらしんいちさんが、月刊誌『IKKI』の編集長を務める江上英樹さんと共に、土田世紀さんを語り尽くすトークショーが行われる。

事前申し込みは不要となっており、当日10時より先着順で整理券を配布。定員は200名までとなっている。詳細は京都国際マンガミュージアムの公式サイトを確認して欲しい。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ