33

庵野秀明、Zeebraらデザイン「ひつじのショーン」今度は二子玉川に

庵野秀明、Zeebraらデザイン「ひつじのショーン」今度は二子玉川に

「ひつじのショーン」アート&チャリティプロジェクト

イギリスのクレイアニメ「ひつじのショーン」のアート&チャリティプロジェクトとして、さまざまなアーティストがデザインを手がけたショーンの大型オブジェ30匹が、9月1日(木)から15日(木)まで二子玉川駅周辺エリアに展示される。 これは、5月に東京都渋谷区で開催されたチャリティプロジェクト「Shaun IN SHIBUYA」で展示されたもの。

映画『シン・ゴジラ』で注目を集める庵野秀明さんと『新世紀エヴァンゲリオン』でメカニックデザインを手がけた山下いくとさんのタッグ、その庵野さんの奥さんでもある漫画家の安野モヨコさん、「ハローキティ」のデザイナーとして知られる山口裕子さん、ラッパーのZeebraさんなど、国内外の豪華アーティスト・団体・ブランド計29組が参加している。

オブジェは日本各地で展示された後、2016年冬頃にオークションに出展され、必要経費を除いた収益が「日本赤十字社医療センター」「社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会」へ寄付される。

(C)& ™ Aardman Animations Ltd. 2016
(C)Shaun IN JAPAN PROJECT

こんな記事も読まれています

イベント情報

「ひつじのショーン」アート&チャリティプロジェクト

展示期間
9月1日(木)~9月15日(木)
展示場所
二子玉川ライズをはじめとする二子玉川駅周辺エリア
展示数
30匹
参加アーティスト/団体/ブランド
29組
主催
ショーン・イン・ジャパン・プロジェクト
寄付先(予定)
日本赤十字社医療センター、社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会
オークション開催時期
2016年冬頃を予定

<参加アーティスト/団体/ブランド>(順不同、敬称略)
庵野秀明[映画監督・プロデューサー]/山下いくと[デザイナー] 、安野モヨコ[漫画家]、
國重友美[書家]、山口裕子[ハローキティデザイナー] 、ブリティッシュ・カウンシル、
渡辺おさむ[現代美術作家]、ひつじのショーン、サンダーバードARE GO、Nick Park[Aardman]、
Peter Lord[Aardman]、Richard Starzak[Aardman]、Aurélien Prédal[Aardman]、
Danny Heffer[Aardman]、Merlin Crossingham[Aardman]、山本太郎[ニッポン画家]、
市原淳[イラストレーター]、藤浩志[美術作家]、TakuYoshimizu[Art Director]、
河地貢士[現代美術作家]、海外竜也[ファッションデザイナー]、Hana4[ネイルアーティスト]、
SHOGO SEKINE[ILLUSTRATOR]、ファンタジスタ歌麿呂[アーティスト]、
伊藤有壱[アニメーションディレクター]、クラインダイサムアーキテクツ[建築家ユニット]、
Paddington、Zeebra[アーティスト、クラブとクラブカルチャーを守る会」会長] 、
雨宮慶太[映画監督] 、日本赤十字社

Googleカレンダーに追加する

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

13
Share
3
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ