101

仰木日向×まつだひかり『作曲少女』 読むだけで音楽がつくれるラノベ

仰木日向×まつだひかり『作曲少女』 読むだけで音楽がつくれるラノベ

『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』

物語を読みすすめながら音楽の仕組みを理解でき、曲づくりの方法が身につくライトノベル『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』が、6月24日(金)に刊行される。

著者は、作曲も手がける作詞・小説家の仰木日向(おうぎひなた)さん。漫画とイラストは、インディーズアニメ「女子高生○○を買いに行く!!」シリーズなどで知られるまつだひかりさんが担当している。

読むだけで音楽がつくれる! 作曲入門ライトノベル

『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~』は、「小説を読むだけで音楽がつくれるようになる」という作曲入門ライトノベル。

「何かやってみたい!」という気軽な動機から作曲をしてみることにした音楽知識ゼロの女子高生・いろはが、クラスメイトの女子高生作曲家・珠美に作曲を習うという内容だ。 「14日間で作曲はマスターできる」と豪語する珠美のもと、人生初の作曲に挑戦していくいろは。

曲づくりに必要な正しい発想とちょっとしたコツ、考え方やヒントが詰まっており、初心者にはもってこいの1冊となっている。現在作曲に挑戦している人にとっても、普段感じている疑問が解消されるヒントが見つけられるかもしれない。

著者は仰木日向、漫画/イラストはまつだひかりが担当!

著者の仰木日向さんは、音楽制作会社で作曲のノウハウを学び、その後フリーランスとして作曲を開始。本名名義で、アニメ楽曲やゲームBGMを多数手がけてきた。

2014年からはペンネーム・仰木日向名義で、サンリオ発のゲーム『SHOW BY ROCK!!』や『ガールフレンド(仮)』、声優やアニメ作品の作詞を手がけながら、ライトノベル『スーパーヒロイン学園』シリーズを執筆。

アイドルプロジェクト「Re:ステージ!」の音楽プロデュースなども行うかたわら、同人作家として、DTM(デスクトップミュージック)をテーマにした4コマ漫画『できるかなってDTM』を執筆している。
女子高生エフェクターを買いに行く!!
一方のまつだひかりさんは、自主アニメ「女子高生○○を買いに行く!!」シリーズが累計30万再生を超えるなど、ミュージシャンを中心に注目を集めているイラストレーター/漫画家。

自身のTwitterなどに投稿している漫画「楽器×女子高生」のほか、『スライディングV 女子高生バンドを始める!!』『よんてい』などの商業作品でも知られている。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

62
Share
24
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ