1048

最新ニュースを受け取る

西尾維新の原点〈戯言〉シリーズがアニメ化 カウントダウンサイトにて発表

画像は「人類最強のカウントダウンサイト」のスクリーンショット

人気小説・〈物語〉シリーズで知られる西尾維新さんが手がける〈戯言〉シリーズがアニメ化されることが、5月6日(金)に明かされた。

萌えとミステリーの融合に挑んだ不朽の名作

クビキリサイクル

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

〈戯言〉シリーズは、西尾維新さんのデビュー作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』に端を発する一連の作品群。講談社ノベルスより、2002年2月から2005年11月にかけて9冊が刊行された。

19歳の大学生にして人類最弱の異名を持つ「ぼく」を主人公に、孤島で出会った天才達と密室殺人事件の解決に奔走していく物語だ。西尾維新さんの本領とも言える独特な言い回しや、アクの強いキャラクター造形が、多くのファンを生んだ。

また『クビキリサイクル』は第23回メフィスト賞を受賞しているほか、「このライトノベルがすごい! 2006」で作品部門第1位を獲得。

さらに、殺人鬼集団「零崎一賊」を率いる零崎人識を主役とした〈人間〉シリーズ、「人類最強の請負人」として名を馳せる哀川潤を主人公にした〈最強〉シリーズ、その周囲の人間が哀川潤を語った「哀川潤の失敗」など、数多のスピンオフ作品も誕生。いずれも人気を博している。

西尾維新の原点〈戯言〉シリーズついにアニメ解禁

5月6日(金)に発売する〈最強〉シリーズ最新作『人類最強の純愛』に先駆けて、1日からは「人類最強のカウントダウンサイト」というティザーサイトが公開されていた。

発売日の0時に向けたカウントダウンが行われ、ファンの間では「発売以外に何かの発表が行われるのでは?」と話題を呼んでいた。

一部では、ソースコードに記載された「西尾維新アニメプロジェクト」といった記述から、「アニメ化」を指摘する声もあがっていた。

アニメの放送形態、放送時期やスタッフ、キャストなどの詳細はわかっていない。〈物語〉シリーズ劇場版『傷物語』も今夏に公開を控えており、続報が期待される。

デジタルプロジェクトも始動

人類最強のカウントダウンサイト

画像は「人類最強のカウントダウンサイト」のスクリーンショット

同時に、〈戯言〉シリーズと〈最強〉シリーズのデジタルプロジェクトが始動。同日、配信開始となるようだ。

また、上記以外にも、「#週刊西尾維新」と題されて、西尾維新さんの小説が週刊で続々電子書籍化されることも決定。そちらの詳細は、西尾維新オフィシャルサイトにて発表されていくとのこと。

こんな記事も読まれています

関連商品

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

著者 : 西尾維新
発売 : 2016年5月6日
販売元 : 講談社

関連キーフレーズ

「西尾維新」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 716

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ