15

漆黒のデビルマン新作『NURO DEVILMAN』正体はピエール瀧と…

漆黒のデビルマン新作『NURO DEVILMAN』正体はピエール瀧と…

上:ピエール瀧さん演じるNURO DEVILMAN/門脇麦さん演じるNURO DEVILMAN

永井豪さんによる不屈のダークヒーロー漫画「デビルマン」。10月7日(月)、そんな「デビルマン」の最新作となる『NURO DEVILMAN』が、特設Wevサイト内で高崎卓馬さんによる小説形式での連載が開始された。これは、So-netが展開する高速インターネットサービス「NURO」とのコラボレーション企画の1つで、同日から『NURO DEVILMAN』のテレビCMでの放送も開始された。

その時点では、そのテレビCMに登場するデビルマンと思われる男女の正体が誰なのかがはっきりと明かされていなかったが、10月15日(火)、ついにその男女の正体が分かった

男性はテクノバンド・電気グルーヴのメンバーとして活動する傍ら、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演するなど俳優としても活躍するピエール瀧さん、そして女性は、ユニクロやチョコラBBのCM出演などで話題を呼んだ若手女優の門脇麦さんであることが発表された。
NURO DEVILMAN その男の場合
NURO DEVILMAN その女の場合

映画でも通用するように

左:ピエール瀧さん/右:門脇麦さん

2人のキャスティングの背景には、インターネットサービスを提供する「NURO」が、ネットの世界で作る『NURO DEVILMAN』という構想の中で、映画でも通用するような〝大人の物語〟を作りたいという制作スタッフの意向があったようだ。

ピエール瀧さんについては、アーティストや俳優としての豊富な経験、そして原作の「デビルマン」にリアルタイムで触れた世代であり〝デビルマンの洗礼を受けている〟こと。

そして、門脇麦さんについては、実際に舞台を見たスタッフが感じた門脇さんの〝物語を映像に定着させるオーラ〟がキャスティングの決め手になったとのこと。

全部で13話の小説を展開

envyのみなさん

現在、特設Webサイトではハードコアバンド・envyの書き下ろし楽曲を使ったオープニングムービーのほか、プロローグを含めたエピソード1・2の3つの小説が公開されている。今後も12月2日(月)まで、計6回にわたって、13話の小説とスペシャルコンテンツを順次公開していく予定。

PROLOGUE 不動明の独白

小説では、不穏なBGMが流れるなか、ページをスクロールさせるごとに文字がアニメーションのように動いたり、効果音が鳴ったりという演出がされている。

今回の『NURO DEVILMAN』の小説では、その世界観をより深く楽しめるような、視覚や聴覚を使って体感させるという見せ方にもこだわっている。

もちろんそういった演出がないPDF版とePub版のダウンロードも可能だ。そのほか、『NURO DEVILMAN』の詳細や魅力については、以前の記事でご紹介させて頂いているので気になる方はそちらを参照にして欲しい。(http://kai-you.net/article/1282

銀座で『NURO DEVILMAN』のグッズがもらえる

イメージ図

東京・銀座ソニービルで、10月21日(月)から11月3日(日)まで2週間にわたって開催される「ソニービルNURO 光世界最速体感イベント」では、ソニービルの外壁に約193mの『NURO DEVILMAN』の巨大なルーバー幕が設置される。

そこで、「NURO 光」のデモを体感し、アンケートに答えると『NURO DEVILMAN』オリジナルトートバッグ、ボールペン、フェイスシールが入った限定グッズ一式がプレゼントされる。さらには、会場で「NURO 光」に申し込むと、限定スペシャルグッズのプレゼントもあるようだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
8
0
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ