『人は見た目が100パーセント』とは、大久保ヒロミによる漫画作品。BE・LOVE(講談社)にて連載。


2017年4月より、フジテレビ系にて木曜22時からテレビドラマが放送予定。出演は桐谷美玲水川あさみブルゾンちえみ


「自分らしさって、最高!」そんな女性たちに問いかける問題作。


マジメで優秀な研究員・城之内、佐藤、前田。「一応服は着ているから」「ちゃんとお風呂には入っているから」と自分に言い訳をし、「女子力」や「美」に背をむけた人生を歩んでいた。が、このままではいけないと、就労後に「美」の特別研究をし始める。

『人は見た目が100パーセント』とは

『人は見た目が100パーセント』とは、大久保ヒロミによる漫画作品。BE・LOVE(講談社)にて連載。

2017年4月より、フジテレビ系にて木曜22時からテレビドラマが放送予定。出演は桐谷美玲水川あさみブルゾンちえみ

「自分らしさって、最高!」そんな女性たちに問いかける問題作。

あらすじ・ストーリー

マジメで優秀な研究員・城之内、佐藤、前田。「一応服は着ているから」「ちゃんとお風呂には入っているから」と自分に言い訳をし、「女子力」や「美」に背をむけた人生を歩んでいた。が、このままではいけないと、就業後に「美」の特別研究をし始めて!?「女子」になりたい、けれどなれない「女子モドキ」たちが、美と価値観を問いかける抱腹微苦笑ビューティー研究ギャグ、実験開始!

「人は見た目が100パーセント」既刊・関連作品一覧|講談社コミックプラス

テレビドラマ

2017年4月より、フジテレビ系にて木曜22時からテレビドラマが放送予定。

キャスト

スタッフ

  • 原作:大久保ヒロミ『人は見た目が100パーセント』(講談社『BE・LOVE』)
  • 脚本:相沢友子(『鍵のかかった部屋』、『恋ノチカラ』、映画『脳内ポイズンベリー』他)
  • チーフプロデュース:中野利幸
  • プロデュース:草ヶ谷大輔
  • 演出:松山博昭、品田俊介、永山耕三
  • 制作フジテレビ第一制作センター

あらすじ・ストーリー

#01 2017年4月13日放送

城之内純(桐谷美玲)は、八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員。理系女子=リケジョだった純は、子どもころからファッションやメイクに興味がなく、いつしか周りの女子から置いていかれてしまった、自分に自信がない地味な女性だ。

ある日、純や研究員仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。クレエラ社は、丸の内にオフィスを構え、1階には榊圭一(成田凌)らイケメン美容師が揃った人気美容室もあるような、これまでの純の人生とはまったく無縁の、おしゃれな世界にある会社だった。クレエラ社は、純たちが研究しているセルロースナノファイバーの高い保湿効果に注目し、新しいファンデーションの開発に応用したいらしい。

顔合わせを兼ねたクレエラ社の新年会に出席した純たちは、その華やかさに圧倒される。おまけに純は、くじ引きでクレエラ社の人気化粧品が当たったものの、使い方すらわからずにステージ上で大恥をかいた挙句、逃げるようにステージを降りようとして階段を踏み外し、気を失ってしまう。クレエラ社統括マネージャーの松浦栄子(室井滋)とともに冷ややかな目でその姿を見ていた丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)は、そんな純に、「これからはもう少し身なりに気を遣った方がいいんじゃないですか?人は見た目が100パーセントなのですから」と言い放つ。

困り果てた純、満子、聖良は、いままで知らなかったビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始める。苦労の末、なんとか“うさぎ顔メイク”を完成させた純たちは、同僚研究員の丸尾拓馬(町田啓太)、三沢基樹(堤下敦)の前に立つが…。

ストーリー | 人は見た目が100パーセント - フジテレビ

似たようなキーフレーズ

やれたかも委員会

『やれたかも委員会』とは、吉田貴司によるWeb漫画。男たちがやれたかもしれない甘く切ない夜を振り返り、それを「やれたかも委員会」が判定する。 2016年4月24日、noteにて第1話が無料公開され大きな反響を呼んだ。 2017年6月27日に単行本1巻...

フルーツバスケット

『フルーツバスケット』とは、1998年から2006年まで白泉社発行の少女漫画雑誌『花とゆめ』にて連載された人気漫画。作者は高屋奈月さん。 2001年にテレビアニメ化され、当時の公式サイトでは「お茶の間ほのぼの系コミカル学園ラブラブちょっと...

進撃の巨人

諫山創による漫画作品。『別冊少年マガジン』で連載中。 小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われている。世界の脅威となっている謎の存在「巨人」をめぐるダークファンタジー。様々な伏線や謎が散りばめられ、他のバトルロワイアル...

HUNTER×HUNTER

『HUNTER×HUNTER』は漫画家・冨樫義博による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』で連載(休載)中。綿密かつ複雑に構成された設定、ストーリー、演出、魅力的なキャラクターによって、日本漫画史を更新し続けている名作。しかし累計500回を越える記録...

鉄コン筋クリート

『鉄コン筋クリート』とは、松本大洋さんの代表作で、1993年~1994年に『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載された人気漫画。 主人公である二人の少年・クロとシロが、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく混沌とした街・宝町の中で、お互いを補完し合い...

漫画ビレッジ

漫画ビレッジ(まんがびれっじ)は、公式に無料で漫画を配信しているサービスへのリンクをまとめたサイト。海賊版サイトとして話題を呼んだ「漫画村」や「漫画タウン」に酷似した名前だが、リンク先のコンテンツはいずれも正式にアップロードされたも...

約束のネバーランド

『約束のネバーランド』は漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されている、白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画の少年漫画。2017年に行われた第3回「次にくるマンガ大賞」ではコミックス部門で2位、「このマンガがすごい! 2018」...

漫画タウン

漫画タウンは、無料で漫画・雑誌を掲載しているビュアーサイト。海賊版サイトととして議論を巻き起こしたサイト「漫画村」の後継サービスだと見られている。

星色ガールドロップ

『星色ガールドロップ』とは、大川ぶくぶによるラブコメディ作品。同氏による漫画『ポプテピピック』2ndシーズンの前フリ漫画企画にすぎなかったが、その後アニメ化。アンソロジーコミックも発売された。...

少女終末旅行

少女終末旅行とは、つくみずさんの初オリジナル作品。Web漫画サイト「くらげバンチ」で2014年2月から連載されていたが、2018年1月全42話で完結した。全6巻。2017年にはWHITE FOX制作でTVアニメ化もした。...

ULTRAMAN

ULTRAMANとは、原作:清水栄一、作画:下口智裕による日本の漫画作品。『月刊ヒーローズ』創刊号より連載中。単行本の累計発行部数は240万部を突破している。

ブレンド・S

『ブレンド・S』とは、中山幸による4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて2013年10月号から11月号にかけてのゲスト連載を経て、2014年3月号から連載が開始された。2017年10月よりテレビアニメが放映開始された。...

がっこうぐらし!

がっこうぐらし!(SCHOOL-LIVE!)は、原作海法紀光、作画千葉サドルによる漫画。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2012年7月号より連載中。2015年7月から9月までテレビアニメが放送された。...

それはただの先輩のチンコ

『それはただの先輩のチンコ』とは、阿部洋一による漫画作品。 2017年4月8日、無料Web漫画サイト「リイドカフェ」(リイド社)に掲載され、SNSなどで反響を呼んだ。 2017年10月31日より、「Ohta Web Comic」(太田出版)にてシリーズ連載化。毎月末...

キャッチャー・イン・ザ・ライム

「キャッチャー・イン・ザ・ライム」は、7月24日(月)発売の『ビッグコミックスピリッツ』34号から連載をスタートする百合ラップ漫画。22歳の新鋭漫画家・背川昇さんによる初の連載作品で、監修に般若、R-指定が名を連ねる。...

ガラスの靴は割れてもはける

『ガラスの靴は割れてもはける』とは、都陽子による漫画作品。 2017年1月7日発売の漫画雑誌『FEEL YOUNG(フィールヤング)』2017年2月号より連載開始。2017年6月8日に単行本1巻が発売。 同じ若手俳優・巻貝徹の追っかけをしていた妙齢女たちが...

人魚姫のごめんねごはん

『人魚姫のごめんねごはん』とは、原作・野田宏、漫画・若松卓宏による漫画作品。 2017年1月11日より、小学館「ビッグコミックスピリッツ」編集部が運営している無料ウェブ漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて連載開始。 魚たちを深く愛する人魚...

週刊少年ジャンプ

『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)とは、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。

NARUTO -ナルト-

『NARUTO -ナルト-』は『週刊少年ジャンプ』にて、1999年から2014年まで連載された岸本斉史による漫画作品。 木ノ葉隠れの里の忍者・うずまきナルトを主人公に、熾烈な戦いが展開されるバトルアクション。...

王ドロボウJING

1995年から1998年まで、熊倉裕一さんによって月刊漫画雑誌『コミックボンボン』に連載された作品。 1999年からは、『月刊マガジンZ』に掲載誌を移し、続編『KING OF BANDIT JING』として連載されたが、2005年から休載となっていた。(『月刊マガジンZ』も2...

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
更新日: 955日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ