107

連載 | #2 池袋という街

池袋の重要文化財・自由学園明日館、1夜限りでビアテラスに華麗に変身

池袋の重要文化財・自由学園明日館、1夜限りでビアテラスに華麗に変身

重要文化財自由学園明日館公式サイト ビアテラスページのキャプチャ

2013年8月16日(金)、豊島区西池袋に在する重要文化財である自由学園明日館(じゆうがくえんみょうにちかん)にて、1夜限りのビアテラス企画が行われる。

この自由学園明日館は、1921(大正10)年に雑誌『婦人之友』を創刊した羽仁吉一、もと子夫妻が、自身が創立した自由学園の校舎として建設されたもの。その設計は、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエとともに「近代建築の三大巨匠」に数えられるアメリカの建築家であるフランク・ロイド・ライトさんが担当した。当時帝国ホテル設計のために来日していたロイドさんを、友人が羽仁夫妻に紹介し、彼らの教育理念に共鳴したロイドさんが設計を担当することになったという逸話がある。

ビアテラス企画の様子

その後1997年に、建物の歴史性、芸術性が評価され国の重要文化財指定を受けることとったこの自由学園明日館でのビアテラス企画。生ビールや黒ビール、各種ハイボールや、定番のおつまみから国立市の人気ドイツ料理店・ノイフランクのソーセージが用意されるなど、こだわりが伺える。その他にも、ボサノヴァのライブや建物紹介ガイドなどのコーナーも企画されている。

気になる開催時間は18時~21時(最終入館は20時30分)で、雨天時には館内で開催される。ちなみに入館料は400円とリーズナブル。夏の終わりが近づく中、一般的なビアガーデンに行き飽きた人は、重要文化財に囲まれた芝生広場でゆったりとビールを傾けてはどうだろうか。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

47
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ