櫻井翔らがエミネムの名曲「Lose Yourself」をカバー アイドルの“ラップ担当”と継承

櫻井翔らがエミネムの名曲「Lose Yourself」をカバー アイドルの“ラップ担当”と継承
櫻井翔らがエミネムの名曲「Lose Yourself」をカバー アイドルの“ラップ担当”と継承

THE MUSIC DAY 2024/画像は公式サイトより

日本テレビ系の夏の大型音楽特番「THE MUSIC DAY 2024」が7月6日に放送。アイドル/ダンス&ボーカルグループのラップ担当による「世界的ラップソングトリビュートコラボメドレー」が披露された。

本企画には“CrazyBoy”ことELLYさん(三代目 J SOUL BROTHERS)、田中樹さん(SixTONES)、RYOKIさん(BE:FIRST)、MAYUKAさん、RIMAさん(NiziU)の5名が参加。

そしてサプライズとして、本番組の総合司会をつとめる櫻井翔さんもメドレーに登場。ピアノの演奏と久しぶりのラップを披露した。

櫻井翔の前奏で幕を明けた、エミネム「Lose Yourself」のカバー

櫻井翔さんがピアノでイントロを演奏し、幕を開けた「世界的ラップソングトリビュートコラボメドレー」。

カバーしたのはエミネム(Eminem)さんの名曲「Lose Yourself」だ。

Eminem 「Lose Yourself」

エミネムさんは、黒人文化(ブラック・カルチャー)であるヒップホップにおいて、白人としてはじめて成功を収めたラッパーとして知られている。

白人貧困層の青年が、黒人優位だったMCバトル/ヒップホップ界から成り上がっていく──そんなエミネムさんの半生を描いた半自叙伝的映画『8 Mile』の主題歌が「Lose Yourself」である。

映画『8 Mile』のフリースタイル・ラップバトル

エミネムさんは、新たな道を切り拓いたという意味で、ヒップホップにおける開拓者(パイオニア)的存在のひとりである。

そしてそれは、櫻井翔さんも同じだ。

次世代のラップ担当に贈る、力強いメッセージ

現代のアイドル/ダンス&ボーカルグループにおいて、ラップ担当のメンバーがいることは、最早珍しいことではない。

「Lose Yourself」を歌唱した3人。キャップにフードを被った姿や白のタンクトップはエミネムさんの衣装を彷彿とさせる/画像は「THE MUSIC DAY」公式Xより

昨今のBTSSEVENTEENStray Kidsなど世界的に人気なK-POPグループの活躍を鑑みると、ヒップホップ/ラップを楽曲に取り入れるのは、アイドル/ダンス&ボーカルグループのグローバル・スタンダードであると言っても過言ではない。

しかし、少なくとも日本国内において、かつてはそうではなかった。比較的新しいアメリカ文化であるヒップホップが、日本の音楽シーンにおいて、市民権を得ていなかった時代があった。

また、アンダーグラウンドなラッパーこそが“リアル”であり、アイドルやメジャーシーンのアーティストによるラップは“フェイク”だと揶揄される時代もあった(それは現代においても少なからずそうかもしれない)。

そういった逆境の最中、櫻井翔さんや田中樹さんの兄である元・KAT-TUN田中聖さん、現在BMSGの代表取締役CEOをつとめるSKY-HIこと日高光啓さん──彼らのようなアイドル・ラッパーの先達たちが、その道を切り拓いてきた。

今、ヒップホップは世界的に有力なポップミュージックの一つとなっている。

今回の櫻井翔さんによる前奏の演奏は、次世代の“ラップ担当”へのメッセージだったということに他ならない。

開拓者から次世代へ──アイドルのヒップホップ/ラップがどんなものか見せてやれ、と。

ポップカルチャーとしてのヒップホップ/ラップ

櫻井翔「Hip Pop Boogie」をSixTONES田中樹がカバー ジャニーズラップ継承の歴史.jpg

櫻井翔「Hip Pop Boogie」をSixTONES田中樹がカバー ジャニーズラップ継承の歴史

SixTONES(ストーンズ)の田中樹さんが、NHK BSプレミアムで6月3日(金)18時より放送される音楽バラエティ番組『ザ少年倶楽部』で、嵐・櫻井翔さんのソロ曲「Hip Pop Boogie」のカバーを披露する。 2020年11月9日に放送されたラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル』(ニッポン放送)内で、…

kai-you.net
ヒップホップの「サンプリング」は法律違反? オマージュとの違いは? 弁護士に聞いてみた

ヒップホップの「サンプリング」は法律違反? オマージュとの違いは? 弁護士に聞いてみた

芸術活動を支援する「骨董通り法律事務所」に所属する寺内康介弁護士の協力のもと、連載中の「ポップカルチャー×法律 Q&A」シリーズ。第4回は、音楽、とりわけヒップホップでよく耳にする(そして争点のもとにもなりがちな)制作手法である「サンプリング」をテー...

premium.kai-you.net

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

音楽・映像の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ