『ガールズバンドクライ』にみる映像表現の特異性 3DCGアニメの新たな文体

『ガールズバンドクライ』にみる映像表現の特異性 3DCGアニメの新たな文体
『ガールズバンドクライ』にみる映像表現の特異性 3DCGアニメの新たな文体

TVアニメ『ガールズバンドクライ』

  • 7 images

2024年4月クールのアニメの放送がスタートした。そのなかでも、TVアニメ『ガールズバンドクライ』は「台風の眼」といっても過言ではないだろう。

制作するのは、『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』、「プリキュア」シリーズを手がける東映アニメーション。『ラブライブ! サンシャイン!!』の監督・酒井和男さんがシリーズディレクターを担当。同じく「ラブライブ!」シリーズに参加した花田十輝さんが、本作でもシリーズ構成・脚本を手がける。

TVアニメ『ガールズバンドクライ』本予告

TVアニメ『ガールズバンドクライ』のあらすじは以下の通り。

抑圧的な家庭環境で育ったことが原因で、学校でいじめの標的にされた主人公の井芹仁菜(CV:理名さん)は、家族や学校から逃避するように高校を退学し、単身上京。心の支えにしていたバンドの元メンバー・河原木桃香(CV:夕莉さん)と出会い、彼女に求められ、自身もバンドを結成することになる──。

TVアニメ『ガールズバンドクライ』キービジュアル

本稿公開時点で第4話までが放送済み(執筆は3話時点)。主人公・仁菜の鬱屈とした感情や心の痛みが生々しく描かれている。

そんな仁菜が、バンドを通じて気のおけない仲間を得ていく様子や、ライブで感情を爆発させるカタルシスは、月並みな感想になってしまうが、エモーショナルだ。まだまだ物語の序章といったところだが、すでに心をつかまれた視聴者も多いだろう。

文:田中大裕

映像表現の特異性が際立つ『ガールズバンドクライ』

TVアニメ『ガールズバンドクライ』の魅力は、なにも物語だけではない。その映像表現にも目を見張るものがある。

本作の特筆すべき点のひとつに、全編3DCGメインで描かれている点があげられる。筆者は、本作を初めて目にした際、従来の3DCGアニメーションの文体とはまた異なる、経験したことのない、新鮮な印象をおぼえた

主人公の井芹仁菜(左)と彼女が憧れる河原木桃香(右)

では、TVアニメ『ガールズバンドクライ』の3DCG表現は、どのような点で画期的なのか?

あらかじめ白状しておくと、本作の3DCG表現の画期性について、筆者自身、まだ具体的に言語化できてはいない。

本作の3DCG表現に関する詳細は、今後様々なメディアが、制作者たちへの取材などを通じて明らかにするだろう。より具体的な分析は、それを待ってから行いたい。とはいえ、フレッシュなファーストインプレッションを、率直な言葉で綴ってみるのも悪くないはずだ。

それでは、筆者はTVアニメ『ガールズバンドクライ』のどのような部分に新鮮さを感じたのか見ていこう。

アニメにおける「セルルック」とは異なるビジュアル

まず目を引いたのは、本作のビジュアルが、典型的な「セルルック」とは異なる点だ。

念のため「セルルック」について大雑把に確認しておこう。

「セルルック」とは、組織的な分業体制のもとで制作される日本産ドローイングアニメーション──要するに、2Dドローイングを主体とする一般的なTVアニメを思い浮かべてもらえれば相違ない──の質感を、3DCGによって再現したものだ。

昨今、日本でTVシリーズとして放送される国産3DCGアニメーションの多くは、「セルルック」の範疇に収まるだろう。

だが、TVアニメ『ガールズバンドクライ』のビジュアルには、そうした「セルルック」とは異なる印象を抱く。その理由は明白だ。

「セルルック」を支えるかなめは「輪郭線」と「影」にある。TVアニメ『ガールズバンドクライ』は、そのうちの「影」の部分が通常の「セルルック」とは異なるように見えるのだ。

「セルルック」においては通常、キャラクターに生じる影は、明暗境界がはっきりとした、簡潔な塗りわけで表現される。

そうした簡潔な塗りわけは、詳しい経緯は割愛するが、もともとはドローイングアニメーションを量産するための技術的・経済的な制約に起因した。

しかしながら現在では、しばしば「アニメ塗り」とも形容され、ドローイングアニメーション独特の魅力として、ポジティブに受容されている。「セルルック」においては、3DCGでそれを再現しているというわけだ。

1
2
3

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ