TRPGシナリオ『異説・狂人日記』舞台化 上田悠介、柏木佑介が主演

TRPGシナリオ『異説・狂人日記』舞台化 上田悠介、柏木佑介が主演
TRPGシナリオ『異説・狂人日記』舞台化 上田悠介、柏木佑介が主演

舞台『異説・狂人日記』/画像は公式サイトより

7月12日(水)から16日(日)にわたって、渋谷の劇場・CBGKシブゲキ!!で舞台『異説・狂人日記』が上演される。

シナリオライター・文町さんのシナリオが原案で、文町さんは今回の舞台で脚本も担当している。

主演は、舞台『おそ松さん』などに出演経験のある柏木佑介さんと、TRPGシナリオが原作の舞台『カタシロRebuild』にも出演した俳優・上田悠介さん。

2通りのエンディングが用意されており、それぞれキャストの配役も変わることが発表されている。チケットは5月14日(日)10時から販売開始となる。

文町によるTRPGシナリオ『異説・狂人日記』

ヨビゴエ vol.1 舞台『異説・狂人日記』トレーラー
今回の舞台の原案となっているのは、クトゥルフ神話TRPGエモクロアTRPGのシナリオ『異説・狂人日記』。

作者は、代表作に『まれびとこぞりて』などのシナリオを持ち、現在はダイスタス・チームの一員としても活動する文町さん。

『異説・狂人日記』は大正時代が舞台となっており、プレイヤーは精神科医として、かつての患者・妹尾十三と関わることになる。

舞台で主演をつとめる上田悠介さんはTRPG配信に度々参加しており、『異説・狂人日記』のセッションにも作者・文町さんのもとで参加している。
【クトゥルフ神話TRPG配信】異説・狂人日記 #上田悠介日記

まだら牛、ディズム、舞台化されるTRPGシナリオ

今回の『異説・狂人日記』の他にも、TRPGシナリオは多数舞台化されている。

2021年には、クリエイター・まだら牛さんによるシナリオ『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』を基とした舞台『狂気山脈単独登頂』が上演。 さらに同年、クリエイター・ディズムさんによるシナリオ『カタシロ』も舞台化。2022年には第二弾の舞台『カタシロRebuild 侵蝕』も上演され好評を博した。

2023年にはバーチャルライバーグループ・にじさんじに所属する健屋花那さんが、3D舞台『カタシロReflect』を上演。TRPGと舞台の新たな可能性を見せた。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

アニメや市とのコラボ、広がるTRPGの可能性

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ