ゴジラとエヴァ初号機が融合…!? パチンコで描くオリジナルストーリー

ゴジラとエヴァ初号機が融合…!? パチンコで描くオリジナルストーリー
ゴジラとエヴァ初号機が融合…!? パチンコで描くオリジナルストーリー

『P ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G 細胞覚醒~』で初めて映像化される「G 覚醒初号機」

  • 17 images

ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」。国内外で高い人気を誇る2大シリーズが、パチンコで夢の共演を果たす。

今回発表された新機種『P ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G 細胞覚醒~』では、ゴジラのG細胞とエヴァ初号機が融合した姿である「G 覚醒初号機」が初の映像化。

公式サイトや、パチンコを展開するフィールズの公式YouTubeチャンネルでストーリー映像が公開されている。
「Pゴジラ対エヴァンゲリオン〜G細胞覚醒〜」ストーリー映像
【画像16枚】ゴジラの細胞をエヴァが取り込んで…!?

日本が誇る2大シリーズのコラボ「ゴジラ対エヴァンゲリオン」

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」は、「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる庵野秀明さんが脚本・総監督をつとめた映画『シン・ゴジラ』の公開を記念して始まったプロジェクト。

アニメ監督の雨宮哲さん、前田真宏さんや村上隆さん、安野モヨコさんなど、様々なクリエイターが記念アートを描いている。

これまで両作品がコラボレーションした展示や上映イベント、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」での期間限定アトラクションのオープンなどが行われてきた。

今回初めて映像化される「G 覚醒初号機」も2016年にプレミアムバンダイでソフビとして発売。さらには、「G 覚醒初号機」とは逆にエヴァのエッセンスを取り入れたゴジラ「S.H.MonsterArts ゴジラ feat.EVA-01」も同じく2016年に発売されている。

フィギュア「G 覚醒初号機」/画像はプレミアムバンダイから

「S.H.MonsterArts ゴジラ feat.EVA-01」/画像はプレミアムバンダイから

パチンコには謎のキャラクター「魏怒羅(ギドラ)レイ」も登場

『P ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G 細胞覚醒~』筐体画面

今回のパチンコ『P ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G 細胞覚醒~』では、かつてゴジラが現れ「破壊神」として人々の記憶に残る世界を舞台に、オリジナルストーリーを展開。

ストーリー映像によると、ゴジラが姿を消した後、従来の「エヴァ」シリーズと同じく使途が登場し、エヴァンゲリオンを擁するNERVがその侵攻を食い止めている。

そんな中、再度ゴジラが出現。さらに、宇宙怪獣にして使徒の王・キングギドラが現れ……というのが大枠の物語となるようだ。

その他、パチンコオリジナルキャラとして「魏怒羅(ギドラ)レイ」の存在も明かされている。

金色の何かを纏っている綾波レイ

パチンコには、綾波レイ役をつとめる声優・歌手の林原めぐみさんによる「集結の果てに」「集結の時~Territory~」の2曲と、「残酷な天使のテーゼ」で知られる歌手・高橋洋子さんによる「Teardrops of hope」の全3曲が搭載。

10月24日(月)からは、TVCMの放送も予定されている。

【画像16枚】ゴジラの細胞をエヴァが取り込んで…!?


SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

「エヴァンゲリオン」「ゴジラ」に関する記事

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ゲームの週間ランキング

ゲームの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ