80

八重洲ブックセンター本店、2023年3月で営業終了 1978年開店の巨大書店

八重洲ブックセンター本店、2023年3月で営業終了 1978年開店の巨大書店

2023年3月で営業を終了する八重洲ブックセンター本店/画像は公式サイトより

東京・中央区の大型書店・八重洲ブックセンター本店が、所在地を含む街区の再開発計画に伴い、2023年3月に営業を終了する。1978年の開店からおよそ44年の歴史に幕を下ろす。

なお、本店の営業は終了するものの、再開発事業で建設予定の超高層大規模複合ビル(2028年度建物竣工予定)への将来的な出店を計画している。

東京駅近くで44年間、八重洲の大型書店

八重洲ブックセンター本店は、中央区・八重洲にある地下1階・地上8階の大型書店。1978年9月18日に、100万冊の在庫を誇る日本初の超巨大書店として東京駅前に開店した。東京駅に程近い立地から、長年多くの人に親しまれてきた。

運営する株式会社八重洲ブックセンターは今回の発表で、「全国の読者の皆様と『本との出会い』の場として、44年間に渡りご愛顧を賜りましたことを、心より御礼申し上げます」と感謝を述べている。

本店最後の創業祭はこれまで以上の規模で開催

9月17日(土)から30日(金)まで、本店最後の創業祭を開催。毎年恒例の創業祭だが、今回は最後ということもあり、「本と人」「人と人」など、「つなぐ」をテーマに、例年以上に多彩な企画を用意しているという。

加えて、10月以降も全フロアで特別企画を開催。「最後となる営業日まで、八重洲ブックセンター全社スタッフが総力を挙げ、読者の皆様、お客様へ、本への想いをつないで参ります」とコメントしている。

なお、本店の営業終了後も、東京・神奈川・千葉・栃木にある各支店は、変わらず営業を継続する。

書店の関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

42
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ