9

TikTokで世界的ミームに セレブに曲を送りつけて成功したバンド AJRをご存知?

「AJR - World's Smallest Violin (Official Video)」

広告で、関連動画で、はたまた友人と行ったカラオケで。日々を生きていると、思いがけない方向から好みの楽曲に出会うことが時たまある。

動画媒体が発達した現在、その中心部はTikTokやYouTubeであることは、疑いようのない事実だ。そしてそのような場では、日本国内でも洋楽のミームが広がりを見せている。

アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』の次回予告演出である「To be continued」に使われたイエスの「Roundabout」もマネスキンの「Beggin‘」も、もっと言えばこの国でも知らぬ者はいないビリー・アイリッシュもそうだった。

今や新旧関わらず多くの音楽がエンタメ的に消費され、アーティスト側に時間差で還元される良い循環が生まれているのである。
【としみつ覚醒】衝撃映像を簡単に作れちゃう!?to be continued対決!!!

TikTokで人気に火が付いたバンド・AJR

今回紹介するアメリカのロックバンド・AJRも、SNSによって人気に火が付いたアーティストのひとりだ。

結成は2006年となかなかキャリアの長い中堅だが、彼らが他のアーティストと一線を画していたのは、SNSの活用方法だ。

彼らは、約80人にも及ぶセレブたちへ自分たちの楽曲「I'm Ready」のMVをリプライで送信。そうした行動は音楽会社の目に留まり、以降はあれよあれよという間にフェスへ出演するなど、スターダムを駆け上っている。
AJR - I'm Ready (Official Video)

SNSで大きなバズを生んだ楽曲「World's Smallest Violin」

翻って、ここからはバズりにバズった楽曲「World's Smallest Violin」の話だ。

AJRは同楽曲をリリースした瞬間からツイッターやTikTokで様々な動画を投稿し、半ば公式的に楽曲利用を許可した。

気になる動画の内容はズバリ、これまで撮り溜めてきた幼少期からの動画の数々を現代まで繋ぎ合わせて一種のヒストリームービーにする、というもの。……ただAJRにとって嬉しい誤算だったのは、この動画&楽曲の利用方法がバズへの道筋でもあったことである。
彼らが動画を公開してから間もなく、TikTokでは大きなバズが発生した。

投稿者の幼少期から現在まで繋ぎ合わせる動画は大物TikTokerを中心に瞬く間に広がり、気付けば「World's Smallest Violin」は多くの人が知る人気曲となったのだ。

1
2

こんな記事も読まれています

6
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ