6

【動画】令和のタトゥードリーム 表参道の一等地に彫師・美漸のスタジオ爆誕

あなたの家から一番近くにあるタトゥースタジオ」を思い浮かべてほしい。といっても、それを正確に把握している人は決して多くはないだろう。

タトゥースタジオといえば、「マンションの一室」もしくは、「外からは中の様子がうかがえないテナント」という形態が多いからだ。

いわば、タトゥースタジオはそれだけクローズドな空間なのだ。

なぜクローズドなのか? それは、日本ではタトゥーを彫る人間への偏見が根強いこと、そして日本の刺青文化はあえて見せない“奥ゆかしさ”を美学とする側面があるからだと考えられる。

だが、2022年のいま、東京・表参道に新しい価値観を提示するタトゥースタジオ『Bizen art tattoo studio』が誕生した。

表参道にできたBizen art tattoo

都心の一等地に豪華なタトゥースタジオ

ラグジュアリーな有名ブランド店から若者向けのセレクトショップが立ち並ぶショッピングストリートである表参道。

スタジオのあるビルはガラス張りのオープンな仕様。一見すると、美容室と見間違ってしまう外観だ。

そんな新しいタイプのタトゥースタジオを手掛けるのは、彫師美漸さんだ。

Bizen art tattoo studioオーナーである彫師・美漸さん

美漸さんには、以前にもKAI-YOUの取材を受けていただいている。 ただでさえ、世間の風当たりが強いタトゥー文化。当時は中目黒のマンションの一室をスタジオとしていたため、ふらっとお客さんが立ち寄ることは難しかった。

しかし現在は、スタジオの外観を見てウォークイン(予約なしでの施術や見学)で来店される方が増えたという。

バーカン風の受付。この日は美漸さんの弟子たちが仕事中だった

広々とした施術スペース

和風×未来をコンセプトにしたリッチな個室

「チェンジタトゥー」を掲げて

想像以上の施工費がかかったという、和と洋を融合したこだわりのタトゥースタジオ。これまでにない、まさにタトゥーのイメージを刷新するつくりだ。

そこには、美漸さんの掲げる「タトゥーのイメージを変える=チェンジタトゥー」の理念が詰まっている。

「入りやすいスタジオにしたからといって、簡単に彫ることはしない。一生モノのタトゥーだからこそ『重みをもって考える』ことも重要視している」という美漸さん

新しいのはスタジオの見た目だけではない。

通常、タトゥースタジオでは、オーナーが彫師を個人事業主や業務委託として雇う業態が一般的だ。

美漸さんは、スタジオ設立と同時に法人化し、彼に師事する若き彫師たちを「Bizen art tattoo studio」の社員として雇用している。

そこには、同じスタジオのチームとしての責任、そして若い彫師にできることはしてあげたいという思いがある。

美漸さん率いるBizen art tatoo studioが「チェンジタトゥー」を実現する日はそう遠くないのかもしれない。

そんな決意が込められた新スタジオの空気感は動画にて。
「刺青=怖い」はもう古い 彫師・美漸が表参道にタトゥースタジオ

タトゥーカルチャーを追う

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ