301

⼩室哲哉、寺⽥てら、popman3580らが参加 サウンドアート「FLUcTUS」始動

⼩室哲哉、寺⽥てら、popman3580らが参加 サウンドアート「FLUcTUS」始動

「Sound ART Project FLUcTUS」参加クリエイター

様々なアーティストよるプロジェクト「Sound ART Project FLUcTUS」(サウンドアートプロジェクト フラクタス)が始動。

その第1弾である『Sound ART Project FLUcTUS -SYMBOL-』のティザー映像が、5月13日(金)まで開催される日本最大級のブロックチェーン技術の展示会「NexTech Week【春】ブロックチェーン EXPO」で先行公開されている。

小室哲哉、寺田てら、九島優らが参加

Nextech Week 2022春|初日会場の様子
映像は、EXPOの会場・東京ビッグサイト南展示棟にあるNFTプラットフォーム・OVOのブース(ブースナンバーは「18-38」)で先行公開されており、先行公開の終了後には、新宿最大の街頭ビジョン・YUNIKA VISIONで公開される予定。

参加アーティストとして、音楽家・音楽プロデューサーの小室哲哉さん、パリを中心に活躍するグラフィックデザイナーのVictor Kaitoさん、イラストレーションには九島優さん、撃鉄さん、popman3580さん、寺田てらさんを迎えている。

また、今後発表される作品はNFTプラットフォーム「OVO」(オーヴォ)などで展開される。

”全身で楽しむ”サウンドアートプロジェクト

「Sound ART Project FLUcTUS」

Sound ART Project FLUcTUS」は、fluctus=波をコンセプトに、光と音の波の融合によってサウンドアートを生み出していくプロジェクト。

プロジェクトの第1弾となる『Sound ART Project FLUcTUS -SYMBOL-』は、NFTの出現をはじめ、再びの革命期を迎えたデジタル技術の発展が、より良い世界への確かな一歩として、そしてより良くなった世界においての転換点「SYMBOL」(シンボル)として語られることをテーマに展開される。

さらに本プロジェクトには、“こじらせ”系クリエイターが結成したユニット・COJIRASE LUNCH BOX(コジラセランチボックス)や、独自の世界観・空間をコンセプトから⼀貫してデザイン/プロデュースするアーティストファミリー・GESTART(ゲシュタルト)らも参加する。

参加アーティストによるコメントも到着

小室哲哉さん

小室哲哉さんのコメント
音楽は触発や刺激を受ければ受けるほど、過激にも、荘厳にも妖艶にもなります。
視覚からの要素は最も影響を受けますし、現代の潮流であることは間違いないです。

Victor Kaitoさん

Victor Kaitoさんのコメント
僕のカリグラフィーに、日本の墨絵とパリのストリートアートのエスプリを込めて描きました。
日本とフランスを繋いで、素晴らしい音楽と共に、それぞれの新しいカルチャーが融合して、平和的に皆さまのハートに届くことを願っています。

1
2

こんな記事も読まれています

252
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ