29

POPなポイントを3行で

  • 気鋭の批評家imdkmの初の著書が刊行
  • 『リズムから考えるJ-POP史』でリズムから分析
  • 盟友tofubeatsとの対談イベントも

最新ニュースを受け取る

気鋭の批評家imdkmの初著書『リズムから考えるJ-POP史』 帯はtofubeats

『リズムから考えるJ-POP史』

様々な媒体への寄稿で知られる音楽系ライター/批評家のimdkm(イミヂクモ)さんによる初の書籍『リズムから考えるJ-POP史』(blueprint)が、10月3日(木)に刊行される。

本書はWebメディア『リアルサウンド』内で連載されてきた「リズムから考えるJ-POP史」を大幅に加筆して書籍化したもの。

なお、刊行記念イベントとして著者・imdkmさんと盟友であるトラックメイカー・tofubeatsさんによる対談イベントも9月25日(水)に実施予定。詳細は後日発表される。

『リズムから考えるJ-POP史』をAmazonでチェックする

気鋭の批評家・imdkm

imdkmさんは1989年生まれ、山形県出身のライター/批評家。

10代の頃からビートメイクやDIYの映像制作に親しみ、tofubeatsさんらを世に送り出したネットレーベル・Maltine Recordsはじめ、ゼロ年代のネットレーベルカルチャーに関わってきた。

京都で8年間に渡り学生生活を送ったのち、2016年ごろからブログを中心とした執筆活動を開始。ダンスミュージックを愛好し制作もする立場から、現代のポップミュージックについて考察している。
#FlumeSounds challenge by imdkm

初の著書『リズムから考えるJ-POP史』

imdkmさんにとって初の著書となる『リズムから考えるJ-POP史』は、Webメディア『リアルサウンド』にてこの3月から連載している企画「リズムから考えるJ-POP史」に大幅な加筆をして書籍化したもの。

「リズムから考えるJ-POP史」では、これまでに小室哲哉さんや宇多田ヒカルさん、三浦大知さん、中田ヤスタカさんといった数々の歴史をつくった音楽界の重要人物から、近年盛り上がっているヒップホップ、さらには折坂悠太さんやBase Ball Bearなどシーンの中でも見逃せない活動をしているアーティストまで幅広く取り上げ、"リズム"という観点で評論している。

本書の刊行に当たって解説および帯文を担当したtofubeatsさんは「この本を読んだあとには『時代とより密接に関わっているのは歌ではなくリズムではないか?』と気づくことになるだろう」とコメントした。

なお、imdkmさんのTwitterでは連日独自の視点でピックアップした楽曲も紹介されており、Spotifyのプレイリストにもなっているので興味のある方は是非チェックされたし。
imdkmさんの「2019年上半期の31曲」

時代を映す音楽

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「imdkm」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 24

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ