71

連載 | #3 コミックマーケット99

日本の模造500円玉が中国ECサイトで販売中 同人即売会では注意を

日本の模造500円玉が中国ECサイトで販売中 同人即売会では注意を

「いらすとや」より

POPなポイントを3行で

  • 大型同人即売会が復活する今冬
  • 中国ECサイトで日本通貨の模造品販売
  • 出展者は十分注意が必要
中国企業・アリババグループが運営するECサイト・AliExpressで、旧500円硬貨や新紙幣などの日本通貨を模したと思われる製品が販売されている。

同人誌即売会に参加する出展者は、十分注意が必要だ。

この製品に限ったことではないが、同人誌即売会で偽札などが出回ったという報告は過去にも複数存在する。SNS上では広く注意が呼びかけられている。

電子マネー決済の導入など対策も視野に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況も日本では落ち着きを見せ、12月末の「コミックマーケット99」や2022年2月の「ワンダーフェスティバル2022[冬]」など、大型同人誌即売会の開催を控える今冬。

イベントの性質上、金銭のやりとりが多く発生するものの、出展者は接客のプロであるとは限らない。

人気サークルの売り子は対応に忙殺され、受け取ったお金が本物かどうか確かめる暇もないかもしれない。

そのため、模造の通貨を一般人が手に入れられる現状に対して、注意喚起が呼びかけられている。

昨今徐々に利用するサークルが増えている電子マネー決済の導入など、対策も視野に入れておきたい。

偽造通貨にまつわる犯罪は重罰

なお、通貨の偽造や模造などは、日本に限らず世界各国において、法律で堅く禁止されている。

通貨の偽造・変造だけではなく、模造品と知りながらそれを購入、あるいは輸入した場合も、罪に問われることがあるため、細心の注意が必要である。

復活する大型同人即売会

こんな記事も読まれています

連載

コミックマーケット99

2021年12月30日(木)・31日(金)の2日間にわたって東京ビッグサイトの東・西・南展示棟(サークル・企業ブース)で開催される「コミックマーケット99(C99)」を特集。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で中止・延期を経て、2019年12月の冬コミ「コミックマーケット97」以来2年ぶりにリアル開催される世界最大級の同人誌即売会。 参加者の入場に新型コロナワクチンの接種証明やPCR検査結果証明の確認を実施、東西エリアが自由に行き来できないなど、従来とは大きく異なる中で1日あたり約10000サークルが参加。 サークル、コスプレ、一般、さらには準備会と、コミケにおける全参加者の状況を特集する。

関連キーフレーズ

58
Share
1
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ