『LoL』歴7年のゲーマーが『Arcane』イベントに潜入したら食らった話 in 秋葉原

『LoL』歴7年のゲーマーが『Arcane』イベントに潜入したら食らった話 in 秋葉原
『LoL』歴7年のゲーマーが『Arcane』イベントに潜入したら食らった話 in 秋葉原

「ARCANE DAY」/ベルサール秋葉原にて

POPなポイントを3行で

  • 『Arcane』配信記念イベント「ARCANE DAY」
  • 『LoL』プレイヤー目線で見た『Arcane』
  • 試写会とトークイベントも、大盛況の会場をレポ
11月7日より、Riot GamesLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』(通称LoL)初のアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』がNetflixで配信開始された。

それを記念して日米でイベントが開催され、その配信が盛大にお祝いされた。

日本では、記念イベント「ARCANE DAY(アーケイン・デイ)」がベルサール秋葉原で同日開催された。

会場では、抽選に当たった100名限定で『Arcane』第一話の試写会とトークイベントが行われた。『LoL』のプレイヤーである筆者も参加してきた。

『LoL』プレイ歴7年目に突入した筆者

『Arcane』に懐疑的だった視聴前

『Arcane(アーケイン)』:公式トレーラー
Riot GamesによるMOBAゲーム『LoL』は、「ルーンテラ」という世界が舞台となっている。

『Arcane』は、これまでほとんど掘り下げられることのなかったそのルーンテラと『LoL』に繋がる前日譚を描くアニメ作品である。

作中では、ゲームでお馴染みの「ジンクス」と「ヴァイ」という2人のプレイアブルキャラの過去を中心に、彼女らが暮らす地域「ピルトーヴァー」と「ゾウン」で巻き起こった出来事について描かれる。

筆者は2014年から『LoL』をプレイしている。「ルーンテラ」での生活も7年目だ。登場するチャンピオン(プレイアブルキャラのこと)の名称とスキルの効果は、完璧に頭に入っている(はず)。

しかしながら、チャンピオンごとの背景ストーリーは深く読んだことがなかった。せいぜい、青い禿頭の冴えないメイジが主人公だ、という認識くらい。

『LoL』の主人公「ライズ」。今後『Arcane』での登場もあり得るかも

それもそのはず、『LoL』にはストーリーモードが存在せず、5対5の対戦ゲームモードが主流だからだ。

世界的な人気を誇る『LoL』といえば、高い競技性と競技人口の多さ、そして時間を根こそぎ奪う中毒性がその魅力の一つ。

対戦相手をいかに出し抜くかという点に駆け引きの重点を置かれていて、7年飽きずに遊び続けている筆者にとっても、ストーリーは二の次だった。

そんな中でのアニメ作品『Arcane』の発表。発表を耳にした筆者の第一印象を正直に述べると、「またか……」という期待感のない感想だった。

確かに、Riot Gamesの『LoL』アニメ化に対する情熱が凄まじいことは重々承知だ。Riot Gamesは度々『LoL』のシネマティックトレーラーを発表しているし、新チャンピオンのティザー映像はプレイを触発させられるほどクオリティが高い。
A New Dawn | Cinematic - League of Legends
昨年YouTubeで公開されたアニメシリーズ『テイルズ・オブ・ルーンテラ』も、これまでRiot Gamesが構築した「ルーンテラ」の世界観が存分に生かされ、チャンピオン同士のつながりが感じられる素晴らしい映像作品だった。
テイルズ・オブ・ルーンテラ:ピルトーヴァー&ゾウン │ 「真の才能」
しかし、どれも断片的に「ルーンテラ」が語られる作品ばかりで、映像をきっかけに『LoL』のバックグラウンドストーリーに深入りする者はそれほど多くなかった。

何より私たちプレイヤーは、『LoL』のランク上げに必死なのだ。筆者の観測範囲では、「面白いが『LoL』のプレイ体験には勝らない」という感想が大半だった。

だから、今回の『Arcane』も過去の例に漏れず、ゲームの世界観を補助する映像作品の類であると思ったのだ。そういう意味で「またか……」と感じた。

この早計な判断は、『Arcane』上映と同時に、見事に打ち砕かれることとなる。

1
2
3

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ゲームの週間ランキング

ゲームの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ