589

3割がVRセックス経験あり メタバースにおけるファントムセンス(VR感覚)レポート

3割がVRセックス経験あり メタバースにおけるファントムセンス(VR感覚)レポート

「ソーシャルVR国勢調査2021」Part3「ファントムセンスレポート」

POPなポイントを3行で

  • 「VR国勢調査」ファントムセンスレポート
  • VR体験中に擬似的に他の感覚を得る現象
  • スキンシップやセックス等のVR感覚を調査
Facebookの社名変更でも注目を集めたメタバース。仮想空間上で他のユーザーとアバターを介してコミュニケーションや経済活動を行うサービスだ。

では、ユーザーがアバターを介して感じる「VR感覚」とはいったいどのようなものなのか。

本記事ではVR空間におけるアバターコミュニケーションとファントムセンス(VR感覚)についてまとめた「ソーシャルVR国勢調査2021」Part3「ファントムセンスレポート」について紹介する。

ファントムセンス(VR感覚)とは、本来視聴覚しか再現されないはずのVR体験中に擬似的に他の感覚を得る現象全般のことだ(外部リンク)。

調査はHTC公式VIVEアンバサダーのバーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャル美少女ねむさんと、スイスの人類学者・ミラ(Liudmila Bredikhina)さんが公開。

全世界のソーシャルVRユーザーを対象に行ったアンケートへの回答1200件を分析している。

「ソーシャルVR国勢調査2021」Part3「ファントムセンスレポート」

VRアバターコミュニケーション

距離感:約3/4が物理現実より相手との距離が近くなる。

スキンシップ:約74%がよくスキンシップをする一方、約43%は相手によっては不愉快だと答えた。

VRセックス:約1/3がVRでのセックス経験あり。プレイ時間と相関があり、ヘビーユーザーでは2/3を超えた。

ファントムセンス(VR感覚)

ファントムセンス

触覚ファントムセンスとVRプレイ時間:落下感(約75%)や触覚(約45%)は比較的感じやすい。限界はあるが、感じる割合はプレイ時間と相関あり。

ファントムセンス間:触覚と吐息など、似た感覚ほど共に感じやすい相関関係がある。

触覚ファントムセンスを感じる部位:触覚は、顔・手など視界に入りやすいアバターの部位ほど感じやすい。

1200件の回答からなる「ソーシャルVR国勢調査2021」

注目が集まる「メタバース」での生活実態を明らかにするために、バーチャル美少女ねむさんと、スイスの人類学者・ミラさんにより公開された調査レポート。

全世界のソーシャルVRユーザーを対象に行ったアンケートへの回答1200件を分析しており、Part1「VR生活実態レポート」、Part2「お砂糖レポート」、Part3「ファントムセンスレポート」の3部により構成される。

レポートの全文はバーチャル美少女ねむさんのnoteで無料公開されている(外部リンク)。

メタバースの世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

42
196
351
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ