3

Netflix アニメ『チャーリーとチョコレート工場』制作 題材はウンパ・ルンパ族

Netflix アニメ『チャーリーとチョコレート工場』制作 題材はウンパ・ルンパ族

Netflix×『チャーリーとチョコレート工場』/画像はNetflixのTwitterから

POPなポイントを3行で

  • アニメ『チャーリーとチョコレート工場』が制作
  • 制作はNetflix、監督はタイカ・ワイティティ
  • 無期限保留の実写版『AKIRA』も監督
Netflixが、『チャーリーとチョコレート工場』のアニメ版の制作開始を改めて発表した。

2020年3月の制作発表から続報がなく先行きが心配されていたが、原作者の児童作家であるロアルド・ダールさんの作品を管理するRDSCと、彼の全作品の権利をNetflixが買収すると9月22日に発表。これに合わせてプロジェクトの進展が発表された形となる。 監督はタイカ・ワイティティさん。原作の世界観をベースにしたアニメシリーズと、原作に登場する小人のウンパ・ルンパ族を題材にした完全オリジナルのアニメ作品が制作される。

なお別に制作が発表されているティモシー・シャラメさん主演による前日譚『Wonka』(原題)とは別物となる。

売れっ子監督によるアニメ『チャーリーとチョコレート工場』

ユーモアを巧みに取り入れた作風で人気を博してきたタイカ・ワイティティさん。マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』や、戦争など重いテーマを扱う映画『ジョジョ・ラビット』などを手がけている映画監督だ。

映画『ジョジョ・ラビット』では、第92回アカデミー賞にて脚色賞を受賞、ほか作品賞を含む6部門ノミネートと、近年注目の監督として台頭している。

また、制作の無期限保留が2019年7月に発表された実写映画『AKIRA』の監督でもある。

ジョニー・デップ×ティム・バートン人気の2005年版

『チャーリーとチョコレート工場』
『チャーリーとチョコレート工場』と言えば、2005年にジョニー・デップさんとティム・バートン監督のタッグで映画化された映画版が有名。

物語は、15年間も工場の門が閉ざされ、人の出入りもなしにヒット商品を毎日出荷し続けるチョコレート工場と謎の人物・ウィリー・ウォンカを中心に展開。

工場の近くで家族と貧しい暮らしをしていたチャーリーが、ある日、ウォンカ製のチョコレートに同封されたゴールデンチケットを引き当てた5人の子供と保護者と共に工場へ招待され、見学ツアーに参加。夢のような奇妙な体験に巻き込まれていくという物語だ。

ロアルド・ダールさんによる原作は、奇妙で独特な世界観を持った作品として知られており、今回Netflixのアニメ版の題材にもなった小人のウンパ・ルンパ族など、個性的なキャラクターが数多く登場する。

止まらない! Netflix

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

1
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ