79

日本文化に影響を受けた奇抜なバンド「Polyphonic Exophilia」の虜になっちゃう音楽

日本文化に影響を受けた奇抜なバンド「Polyphonic Exophilia」の虜になっちゃう音楽

Polyphonic Exophilia/画像は公式Twitterより

POPなポイントを3行で

  • Polyphonic ExophiliaがEP『‎Vol. 2』リリース
  • 日本文化に影響を受けたノルウェーの個性的なバンド
  • 多用なモチーフから生まれたEP『‎Vol. 2』
日本文化に影響を受けたノルウェーの個性的なバンド・ポリフォニックエキソフィリア(PPXP)が、EP『‎Vol. 2』をリリースしています。

Polyphonic Exophilia(略称:PPXP)は、バンド、レコーディングスタジオ、そして独立したレコードレーベルを含む、音楽的コンセプト。

プログレッシブなオルト・インディー・サウンドで知られており、2021年に少なくとも4つのEPシリーズをリリースする予定です。

ノルウェーの奇抜なバンド「Polyphonic Exophilia」

PPXPは一つのジャンルに収まりにくいバンドですが、彼ら自身の言葉で自分たちの音楽を「官能的なプログレッシブ・オルタナティブ・ソウル・ファンク」と表現しています。

彼らの拠点は、ノルウェーの首都オスロから北へ1時間ほど行ったノルウェー中東部のハーデランドという地域。

バンド「Polyphonic Exophilia」は、女性2名、男性3名のマルチインストゥルメンタリストで構成されています。

PPXPのメンバーは全員匿名で、純粋に音楽に集中し、メンバーの他のキャリアや過去の特定ジャンルのリリースから意図しない妨害を受けることなく、ある程度の芸術的自由を維持しています。

多用なモチーフから生まれたEP『‎Vol. 2』

EP『‎Vol. 2』は、ジャズ、ファンク、そして心のこもったネオ・ソウルを融合させたプログレッシブな作品で、ファンキーなベースラインとギターリフが特徴的。2曲のインストゥルメンタルと2曲のボーカル入りで構成されています。

オープニング曲の「Ups et pertulerat」は、ラテン語で「浮き沈み」を意味し、ハリウッドのアクション映画のように始まり、音楽的な幸福感へと変化するインストゥルメンタルです。プログレッシブな構成で、人生の躁とメランコリックな浮き沈みを模倣しています。

2曲目の「Dance with fire」は、シャーマニズムのリズムにインスパイアされた楽曲。歌詞ではピンクの月の下、焚き火の周りで友達と裸で踊ることを誘っています。

3曲目の 「God is what people make of it」は、アメリカの政治学者アレクサンダー・ウェントや、アメリカの心理学教授ジョン・ヘンリー・ホランドの研究を参考に、組織的な宗教に対する社会的、建設的な視点を導入したファンキーな曲です。

歌詞の理論的背景に加えて、この曲は、コメディアンであり、バンドの見解では「現代の偉大な哲学者」であるリッキー・ジャーヴェイスと彼の番組「Humanity」に大きく影響を受けています。

最後の4曲目「When the lockdown is over」は、プログレッシブ・オルタナティブ・ポップ・インストゥルメンタルで、世界的なパンデミックの中で希望の視点をもたらすことを意図して作曲されています。

このEPは、Distrokidが取り扱うすべてのデジタルミュージックプロバイダーで購入またはストリーミングが可能。バンドキャンプでもPPXPの作品を公開しています。

ポップな音楽

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

76
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ