18

田中秀和がMONACAから独立 「アイマス」「アイカツ!」などで知られる作曲家

田中秀和がMONACAから独立 「アイマス」「アイカツ!」などで知られる作曲家

田中秀和さん/写真:稲垣謙一(2019年撮影)

POPなポイントを3行で

  • 作曲家・田中秀和がMONACAを退所、独立
  • アイマスなど数々のアニメ・ゲームに楽曲提供
  • 「作曲家として自分の可能性を試してみたい」
アイドルマスター」シリーズをはじめ多くのアニメ・ゲームに楽曲を提供する音楽クリエイター・田中秀和さんが、7月31日をもって所属していたMONACA(モナカ)を退所、独立を発表した。

神前暁さんのアシスタント募集を経て2010年から所属していたMONACAを離れるにあたり、田中さんはTwitterで「いち作曲家として自分の可能性を試してみたいという想いで、このような決断をいたしました」とコメント。

「音楽のことのみならず ひとりの大人として大切なことをいちから教えていただき 多くの成長の機会を与えていただいたMONACAには 感謝してもしきれません」と、およそ10年所属したMONACAへの感謝をつづっている。

アニソンシーンに欠かせない田中秀和

田中秀和さんは大阪府出身のサウンドクリエイター。神戸大学発達科学部人間表現学科卒業後、神前暁のアシスタント募集をきっかけに、2010年春からMONACAに所属。

翌年にはアニメ『アイドルマスター』において、「神SUMMER!!」「自分REST@RT」という挿入歌で作編曲を担当し、その後も『アイドルマスター シンデレラガールズ』など、アイマスシリーズで多くの楽曲を手がけている。
【デレステ】5周年記念!「Go Just Go!」アニメPV【アイドルマスター】
※「Go Just Go!」で田中秀和さんは作曲を担当。作詞は八城雄太さん! 編曲はTAKU INOUEさん!

ほかにも、『アイカツ!』『Wake Up, Girls!』『這いよれ! ニャル子さん』『ハナヤマタ』『IDOLY PRIDE』といった作品で、主題歌、キャラソン、時には劇伴を担当しており、近年のアニソンシーンにおいて欠かせない1人だ。

ほとんどが独学という音楽理論から生まれる楽曲は多くのファンを虜にしており、田中さんがよく使用するコードは「田中オーグメント」(※)と呼ばれ、親しまれている(※ブラックアダーコード、分数オーグメントと呼ばれるコードの一種)。
TVアニメ『灼熱の卓球娘』OPテーマ「灼熱スイッチ」
直近では、9月1日発売の声優アーティストユニット・DIALOGUE+(ダイアローグ)の1stアルバム収録曲「アイガッテ♡ランテ」、10月放送の女子アイスホッケーアニメ『プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~』のOP主題歌「ファイオー・ファイト!」など手がけている。
DIALOGUE+「アイガッテ♡ランテ」
プラオレ!アニメPV第2弾

大石昌良さんとの音楽対談もよければ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

9
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ