47

原作 小太刀右京、キャラデザ 平庫ワカ 『FRINGE/RAID』プロジェクト始動

原作 小太刀右京、キャラデザ 平庫ワカ 『FRINGE/RAID』プロジェクト始動

『FRINGE/RAID』/画像はRANGPONGのnoteから

POPなポイントを3行で

  • 都市型ロボットポリスアクション『FRINGE/RAID』
  • 原作は小太刀右京、キャラクターデザインは平庫ワカ
  • 小太刀「まだどうなるかはまったくわからない企画」
小太刀右京さんが原作のプロジェクト『FRINGE/RAID』(フリンジ/レイド)が公開されている。

原作協力はモンスターラウンジ、キャラクターデザインは平庫ワカさん、メカニカルデザインはAF_KUROさん、ロゴデザインはミズキシュンさん、原作プロデュースはAAO Projectがつとめる。

現状どのような形で作品化されるかは未発表。今後の続報を待ちたい。

“独立宇宙戦争の片隅で”
都市型ロボットポリスアクション!


長高6メートルの人型兵器“レイドローダー”により苛烈さを増す宇宙戦争の真っただ中。〈革命軍〉が占領するゴミ溜の宇宙港〈トレギア〉を舞台に、街の警察官となった〈地球統合軍〉元エースパイロットの主人公・レイが、たった一機の旧式レイドローダーを武器に戦時下ならではの凶悪犯罪に立ち向かう――! あらすじ/RANGPONGのnoteから引用

小太刀右京が原作の企画『FRINGE/RAID』

ゲームデザイナー/ライター/小説家/脚本家として活躍している小太刀右京さん。

マクロス」「ガンダム」「コードギアス」など人気アニメシリーズのノベライズや、漫画『NARUTO』のその後を描いたスピンオフ作品『BORUTO』の脚本などをつとめ、国内外問わず人気を集めている。 今回のプロジェクトに対し、小太刀さんは「まだどうなるかはまったくわからない企画なのですが、ご声援よろしくお願いいたします」とコメントしている。

こういう企画を立ち上げることになりました。
宇宙と地球の戦争の中、宇宙軍によって占領された都市で、地球側のエースパイロットだった男が、「占領軍の警察」として占領下の都市の“犯罪”と戦う、いわゆるリアルロボットものです。
まだどうなるかはまったくわからない企画なのですが、ご声援よろしくお願いいたします。小太刀右京さんのnoteから引用

漫画『マイ・ブロークン・マリコ』の平庫ワカがキャラデザ

本プロジェクトにてキャラクターデザインをつとめる平庫ワカさんは、漫画『マイ・ブロークン・マリコ』の作者。

『マイ・ブロークン・マリコ』は、激情をぶちまける魂の乗った言葉と、それを混じりっけなく伝える画力で、ネットを起点に大きな反響を呼んだ作品。

宝島社が毎年発売している『このマンガがすごい!2021』のオンナ編4位ではランクインしている。

© Ukyou Kodachi , MonsterLounge

今後が気になるプロジェクト

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

44
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ