4

BTS、日本ゴールドディスク大賞8冠の快挙 国内外で2020年を代表するアーティストに

BTS、日本ゴールドディスク大賞8冠の快挙 国内外で2020年を代表するアーティストに

BTS/Photo by Big Hit Entertainment

POPなポイントを3行で

  • BTSが日本ゴールドディスク大賞で8冠
  • 海外アーティストとして史上初の快挙
  • グラミー賞控え他のアワードでも受賞相次ぐ
韓国のヒップホップグループ・BTS(防弾少年団)が3月15日に発表された「第35回日本ゴールドディスク大賞」において、「ベスト・エイジアン・アーティスト」を含む8冠に輝き、海外アーティストとして史上初快挙を達成した。

3年連続となる「ベスト・エイジアン・アーティスト」の受賞に加え、2020年7月にリリースした日本アルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)と「ベスト3アルバム」(アジア)を受賞。

さらに『MAP OF THE SOUL : 7』が「ベスト3 アルバム」(アジア)、映像作品『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' - JAPAN EDITION』が「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」(アジア)、『Dynamite』が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(アジア)、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)、「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」を受賞した。

8冠はBTSとして最多受賞であると同時に、今回から新設された「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)の記念すべき初回受賞作品に「Dynamite」が選ばれたほか、アーティスト部門、パッケージ部門、デジタル部門におけるアジア賞においてオブ・ザ・イヤーをすべて受賞。名実ともに2020年を代表するアーティストを証明する結果となった。

グラミー賞を直前に控えたパフォーマンスも

「2021グラミー賞」週間チャリティー公演「Music On A Mission」に参加したBTS/Photo by Big Hit Entertainment

韓国で2013年にデビューして以降、世界規模で躍進が止まらないBTSは、日本時間15日に開催される「第63回グラミー賞」の、「ベストポップデュオ/グループパフォーマンス(BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE)」部門の受賞候補にノミネート。

結果は本授賞式前の午前4時から行われるグラミー・アワード・プレミア・セレモニー(Premiere Ceremony)で発表予定だ。

Photo by Big Hit Entertainment

BTSはそれに先立って13日(韓国時間)、グラミー賞週間に開催されるオンラインチャリティ公演「Music On A Mission」に出演。

2020年8月の発売以来、世界的なブームを起こした「Dynamite」を熱唱。大劇場をバックに、黒いスーツ姿でパフォーマンスを披露した。

米ニコロデオンのアワードでも3冠

ニコロデオン(Nickelodeon)「2021キッズチョイスアワード」

同じく13日(米国東部時間)には、米エンターテインメントチャンネル・ニコロデオン(Nickelodeon)が発表した「2021キッズチョイスアワード(Kids Choice Awards)」において3冠を達成

「フェイバリット・ミュージック・グループ(Favorite Music Group)」、「フェイバリット・ソング(Favorite Song)」、「フェイバリット・グローバル・ミュージック・スター(Favorite Global Music Star)」を受賞した。
BTS「Dynamite」MV
「キッズ・チョイス・アワード」は視聴者が直接選んだ音楽・放送・映画など分野別のスターを招待して授賞するニコロデオンの代表的な授賞式で、BTSは2018年に「フェイバリット・グローバル・ミュージック・スター」部門で初受賞、2020年には「フェイバリット・ミュージック・グループ」を受賞している。

授賞式でBTSは、映像を通じて「このように素晴らしい賞をくださったことに対し、キッズチョイスアワードとARMYの皆様に感謝する。皆さんが僕たちの歌『Dynamite』を愛してくださって心から感謝しています」とコメントした。

グローバルランキングでもトップを獲得

「Global Album Sales Chart 2020」/画像はIFPI公式サイトより

BTSはこのほかにも、IFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)が発表した「Global Recording Artist of the Year Award」「IFPI Global Album All Format Chart 2020」「IFPI Global Album Sales Chart」のランキングでいずれもトップを獲得。

4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』が、2020年に世界で最も売れたアルバムとして選ばれているほか、複数のアルバムがランキング上位を獲得。なお、IFPIのランキングにはBTS以外にも、米津玄師さんの『STRAY SHEEP』、BLACKPINKの『THE ALBUM』、の『This is 嵐』、King Gnuの『CEREMONY』がランクインしている。

IFPIが「アジアのアーティストの活躍が目立つ」とコメントしており、その中でもBTSの存在感が大きいことは間違いないだろう。

2020年の国内外の音楽シーン

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

1
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ