82

2020年世界で最も売れたアルバム 米津が3位、嵐が9位、King Gnuが10位

2020年世界で最も売れたアルバム 米津が3位、嵐が9位、King Gnuが10位

「Global Album Sales Chart 2020」/画像はIFPI公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • IFPIが2020年世界で最も売れたアルバム10作品を発表
  • 日本人は米津が3位、嵐が9位、King Gnuが10位にランクイン
  • BTSが他の賞と合わせて3冠を達成
IFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)が2020年の年間グローバルランキング「IFPI Global Album Sales Chart」を発表。

米津玄師さんの『STRAY SHEEP』が3位に、の『This is 嵐』が9位に、King Gnuの『CEREMONY』が10位にランクインした。

1位、2位、8位を獲ったBTS(防弾少年団)は、「IFPI Global Album All Format Chart 2020」「Global Recording Artist of the Year Award」とあわせて3冠を達成した。

IFPIが発表した2つのアルバムランキング

「IFPI Global Album Sales Chart」は、CDやレコードなどのフィジカルアルバムとデジタルアルバムのダウンロードを合算して選出するランキング。

IFPIが発表したもう一つのアルバムランキング「IFPI Global Album All Format Chart 2020」は、ストリーミングサービスのセールスを加味する点で異なる(下記記事を参照)。 そのため、今回発表されたものは、多くの人が“購入”したアルバムの売上ランキングと言えるだろう。

日本人アーティストが3組もランクイン

「IFPI Global Album All Format Chart」でも、日本人アーティスト最高位となる7位にランクインした米津玄師さんの5thアルバム『STRAY SHEEP』は3位にランクイン。

代表曲「Lemon」や、TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』そしてTBS系金曜ドラマ『MIU404』の主題歌として書き下ろした「馬と鹿」「感電」、楽曲提供した菅田将暉さんの「まちがいさがし」やFoorinの「パプリカ」のセルフカバーなどを収録。 前年度の同ランキングでは、『5×20 All the BEST!! 1999-2019』で1位を獲得した嵐の17thアルバム『This is 嵐』は今回は9位にランクイン。

「アラフェス 2020 at 国立競技場」でファン投票1位を獲得した「Turning Up」やBruno Marsがプロデュースした「Whenever You Call」をはじめ、海外のヒットメーカーの手がけた楽曲が多いアルバム。 オリコンの「2020年上半期合算アルバムランキング」やBillboard JAPANが発表した「上半期アルバムランキング」で1位を獲得したKing Gnuの3rdアルバム『CEREMONY』は10位にランクイン。

白日」「飛行艇」「」など配信限定リリースされた楽曲が収録されている。 5位にランクインしたBLACKPINKの1stフルアルバム「THE ALBUM」含め、IFPIは「アジアのアーティストの活躍が目立つ」とコメントしている。

世界中に放て Turning up with the J-pop

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

21
Share
3
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

世界のスーパースター達のCDリリースが大幅に減ったという見方も出来るよね。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ