24

VTuberチーム「千鳥」 KADOKAWA×テンセント×原力、日中共同でe-Sportsに参入

VTuberチーム「千鳥」 KADOKAWA×テンセント×原力、日中共同でe-Sportsに参入

「千鳥」

POPなポイントを3行で

  • 最強のe-Sportsチームを目指すVTuberグループ「千鳥」
  • KADOKAWAがテンセントらと共同開発
  • e-Sportsの大国・中国で展開
KADOKAWAが、中国における子会社である角川青羽を通して、中国大手デジタルメディア製作会社・江蘇原力数字科技股份有限公司(以下、原力)、 中国大手配信プラットフォーム企業・テンセントとの共同で、中国オリジナルVTuberチーム「千鳥」を開発した。

バラエティー番組でのゲーム実況、ライブ中継、コミック化、商品化などの二次展開など、「千鳥」の展開は多岐にわたる予定。

目標を「最強のe-Sportsチームになること」に据えつつ、ゲームの腕を磨く以外にも様々な形でユーザーとの交流を深めていくとしている。

なお「千鳥」の展開は現状、中国国内向けとなっている。

e-Sportsの大国・中国

近年、e-Sportsプレイヤーとして初のスポンサー契約をNIKEと結んだ世界屈指のゲーマー・Uziさんをはじめ、多くの名選手や強豪チームを輩出している中国。

国家的な後押しもあってか、市場規模も急激に拡大。

2017年時点で約1兆2500億円を超えており、世界でも最大級のe-Sports大国となっている(外部リンク)。

VTuberなどバーチャルタレントも人気

またバーチャルアイドルやバーチャルYouTuber(VTuber)も、デジタル技術の向上とIP(コンテンツ)産業の拡大により発展。同じく高い人気を得ている。

こうした背景のもと、角川青羽は、モーションキャプチャーなどのデジタル技術において中国一の実力を持つ原力と、テンセントが運営する中国最大の映像配信プラットフォーム・テンセントビデオと共にVTuberチーム「千鳥」を開発。

開発ディレクションはKADOKAWAのファミ通文庫編集部が担当。キャラクターデザインは坂野太河さんが担当している。 「千鳥」は7月18日(土)に中国の上海市で行われた中国最大級のアニメコミックゲームイベント「CCG Expo 2020」で発表。すでに中国のユーザーから熱い期待を寄せられている。

現在のところ中国国内向けの展開を予定している「千鳥」だが、日中企業の提携による新しいVTuberキャラクターということもあり、日本での活動にも期待したい。

テンセントの急進具合がヤバイ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

20
3
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ