79

POPなポイントを3行で

  • 中国のバーチャルシンガー洛天依が日本初上陸
  • 「DIVE XR FESTIVAL」に出演
  • 「カゲロウデイズ」原作者・じんの楽曲を披露
中国No.1バーチャルシンガー 洛天依が日本上陸 じんによる楽曲を披露

洛天依さん/「DIVE XR FESTIVAL」

中国で絶大なる人気を誇るバーチャルシンガー・洛天依(ルォ・テンイ)さんが、9月22日、23日の2日間にわたり幕張メッセで開催された「DIVE XR FESTIVAL」に出演した。

本公演は、洛天依さんにとって初の日本公演。「カゲロウデイズ」作者のボカロP・じんさんが楽曲提供した「T.A.O.」「draw」などを披露した。

中国No.1バーチャルシンガー・洛天依

洛天依さん

洛天依さん

洛天依さんは中国No.1バーチャルシンガーとして若者に絶大な影響力を持つボーカロイドシンガー。

中国でのデビュー以降、ユーザーと共にコンテンツを制作し、投稿されたオリジナル曲は 10,000曲以上を超える。
洛天依 / 「3分でわかる!洛天依」
ボーカロイド音声合成、ホログラム投影、AR、リアルタイムモーションキャプチャーなどのテクノロジーを組み合わせを実現し、2019年には世界的ピアニスト・Lang Lang(ラン・ラン)さんとの共演で最先端ホログラムを使用したバーチャルとリアルの融合を果たした。

多くの中国の人気歌手とのコラボレーションで、数々の大型テレビ番組に出演しており、バーチャルシンガーとしては日本では前例のない規模での人気を誇っている。

じんによる日本語曲を初披露

「DIVE XR FESTIVAL」

「DIVE XR FESTIVAL」

今回開催された「DIVE XR FESTIVAL」はアニメ・ゲームのキャラクター、インターネット空間で活躍するバーチャルシンガー、バーチャルYouTuber(VTuber)や AIたちが同じ空間に集結する“クロスオーバー型”のミュージックフェス。

洛天依さん以外にも、キズナアイさんをはじめ、富士葵さんやミライアカリさんなど多数の人気のVTuberやバーチャルシンガーが出演し2日間で約14,000人を動員した。 洛天依さん/「DIVE XR FESTIVAL」 ライブでは、中国での洛天依の代表的な楽曲「66CCFF」「千年レシピ」や、ニコニコ動画の超人気曲「極楽浄土」をカバー。さらに日本初上陸を記念した日本語曲「T.A.O.」と2日目公演では「draw」を初披露した。

「T.A.O.」と「draw」は、「カゲロウデイズ」の原作者であり、史上初となる15曲ミリオンを達成したボカロP/マルチメディアクリエイターのじんさんが楽曲提供。

さらに「draw」は、「カゲロウプロジェクト」の新スピンアウト企画 「カゲロウデイズ No.9」のテーマ曲を予定しており、今回はそのライブバージョンとしていち早く披露された。「T.A.O.」については 10月18日に日本と中国で同時に楽曲配信を予定しており、同時にMVも解禁する予定だ。

押し寄せるバーチャル化の波

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「洛天依」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 23

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ