11

ヨルシカ新曲「嘘月」が『泣きたい私は猫をかぶる』エンドソングに

ヨルシカ「嘘月」×『泣きたい私は猫をかぶる』PV

POPなポイントを3行で

  • 『泣きたい私は猫をかぶる』EDにヨルシカの最新曲
  • 本編映像を含む初解禁のPVが公開
  • Netflixで6月18日(木)より配信開始
6月18日(木)よりNetflixで配信される長編アニメ『泣きたい私は猫をかぶる』のエンディングテーマに音楽ユニット・ヨルシカの最新楽曲「嘘月」が起用される。

すでに同作の主題歌「花に亡霊」、挿入歌「夜行」ともにヨルシカが担当することが発表されていたが、それに続いてエンドロールにも華を添えることとなった。

情報解禁に際し公開されたPVでは、「嘘月」が流れるなか同作の主人公・ムゲこと笹本美代(CV.志田未来さん)の片思いの相手・日之出賢人(CV.花江夏樹さん)がムゲに思いを馳せるシーン、そしてムゲと賢人がそっと手を繋ぐシーンが描かれている。

配信が目前に迫る『泣きたい私は猫をかぶる』

ペンギン・ハイウェイ』で知られるアニメスタジオ・スタジオコロリドの長編アニメーション映画第2弾として制作された『泣きたい私は猫をかぶる』。

監督は佐藤順一さんと柴山智隆さん、脚本は岡田麿里さんが担当する。
『泣きたい私は猫をかぶる』予告編 - Netflix
好意を寄せる賢人に近づくため、不思議なお面の力を使って猫の太郎に変身し、賢人の元へと通う主人公のムゲ。

賢人は太郎にだけは自分の素直な気持ちを打ち明けるが、人間として賢人に好かれたいムゲはそのことに対して複雑な思いを抱いてしまう。

2人の微妙な関係と、その周囲を取り巻く人間の世界、人間であることを辞めた猫たちの世界を描く。

ヨルシカ「映画を観た方全員を泣かせたい」

ヨルシカは人気ボカロP/コンポーザーのn-buna(ナブナ)さんとシンガー・suis(スイ)さんによる2人組ユニット。

緻密に構築された物語性の高い楽曲と、それを透き通る声で感情たっぷりに歌うsuisさんの歌声が10代、20代を中心に絶大な人気を得ている。
ヨルシカ - 花に亡霊(OFFICIAL VIDEO)
『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌として発表された楽曲「花に亡霊」は公開から2ヶ月足らずで再生回数1000万回を突破した。

主題歌・挿入歌・エンディングテーマを担当することで同作に深く関わることとなったn-bunaさん、suisさんそれぞれから、楽曲についてのことや、制作の背景についてコメントも届いている。

ヨルシカ自体がコンセプトありきの作品を作るバンドなので、何処までこちらの世界観で作ってしまっていいのかという心配をしていましたが杞憂でした。ファーストコンタクトで監督から自由にやってくださいと言われた時は心強かったです。
次作のアルバムコンセプトの一つが春から初夏にかけての空気感、だったので、映画の世界観と外れないだろうと思い、その時書こうとしていたものをそのままアウトプットしました。三曲どれも、想い出の中の街をテーマに描いた曲です。

「花に亡霊」…亡霊はつまり想い出なので、夏に咲く花に想い出の姿を見る、という意味の題です。
「夜行」…ここで言う夜は人生の夜です。大人になること、忘れること、死へ向かうこと、を夜に置き換えて書いた曲です。
「嘘月」…嘘つきです。歌詞の節々に尾崎放哉の句を散りばめています。 n-bunaさんコメント

アニメーション映画大好きなので、アニメーション映画のエンドロールでヨルシカが聴けるなんて嬉しすぎる!ととても心躍りました。同時に「映画を観た方全員を泣かせたい」という野望が湧き、いい歌を歌おうと意気込んだ覚えがあります。 suisさんコメント

(c)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

新譜も楽しみです!

こんな記事も読まれています

作品情報

泣きたい私は猫をかぶる(Netflix)

配信サイト
Netflix
日時
6月18日(木)より全世界独占配信
出演
志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
監督
佐藤順一・柴山智隆
脚本
岡田麿里
主題歌
「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサル J)
企画
ツインエンジン
制作
スタジオコロリド
製作
「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

関連キーフレーズ

1
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ