912

ガチャを回すと“スズメバチ” ! 18箇所可動のリアルフィギュア開発

ガチャを回すと“スズメバチ” ! 18箇所可動のリアルフィギュア開発

ガシャポン「いきものシリーズ」すずめばち

POPなポイントを3行で

  • バンダイ「いきものシリーズ』最新弾は『すずめばち』
  • 生態を再現した18箇所可動のリアルフィギュア
  • オオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチの3種類
玩具メーカー・バンダイが展開するカプセルトイ「ガシャポン『いきものシリーズ』」の最新弾として「すずめばち」が登場。

6月中旬より全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機にて展開される。価格は1回500円。

生物学的な研究の末に生まれた自信作「すずめばち」

2018年に発売された「だんごむし」を皮切りに、「まんまるこがね」「だいおうぐそくむし」「かめ」「とらふからっぱ」など、これまでにシリーズ累計300万個以上を販売してきた「ガシャポン『いきものシリーズ』」。

最新弾の「すずめばち」は、ススメバチを生物学的に研究し、全長約150㎜、全幅約200㎜という大きさとリアルな造形で再現したカプセルトイとなっている。

実際の蜂と同様に針の出てくる仕組みを再現したり、顎の開閉や触覚の角度調整など全身18箇所が可動

また、普段見ることの難しい舌や翅脈(しみゃく)も忠実に再現されており、バンダイがこれまでの「いきものシリーズ」で培った技術を集約してつくりあげたリアル可動フィギュアに仕上げられている。

昆虫界最強の蜂、3種類がラインナップ

なお、本製品はいわゆるガチャガチャだが、"カプセルレス"の仕様となっている。

自販機より排出された状態から蜂の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとして使用することが可能。

飛行モード」と「アタックモード」、2つの形状でディスプレイすることができる。 ラインナップはオオスズメバチキイロスズメバチクロスズメバチの3種類。

実際の大きさにあわせてオオスズメバチは、キイロスズメバチとクロスズメバチより一回り大きいサイズで展開されているというから驚きだ。

神秘的な昆虫の生態

こんな記事も読まれています

商品情報

ガシャポン「いきものシリーズ」すずめばち

商品名 すずめばち
発売日 2020年6月第3週より順次発売
売価 1回500円・税10%込み(メーカー希望小売価格)
対象年令 15歳以上
素材 本体 ABS、PVC、POM
ディスプレイスタンド ABS、MABS
ラインアップ 全3種 オオスズメバチ 全高約150㎜ 全幅約200㎜
キイロスズメバチ 全高約115㎜ 全幅約165㎜
クロスズメバチ 全高約115㎜ 全幅約165㎜
主な販売ルート 全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機

関連キーフレーズ

143
Share
5
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ