34

「コオロギビール」爆誕 丁寧に焙煎した福島県産フタホシコオロギを使用

「コオロギビール」爆誕 丁寧に焙煎した福島県産フタホシコオロギを使用

コオロギビール

  • 8 images

POPなポイントを3行で

  • 「コオロギビール」爆誕
  • 丁寧に焙煎したフタホシコオロギを使用
  • 世界的に注目される昆虫食、世界初のクラフトビール
昆虫食の魅力を探究する「ANTCICADA」(アントシカダ)と岩手県遠野市の遠野醸造が、コオロギを原材料に使用した世界初のクラフトビール「コオロギビール/Cricket Dark Ale」を開発。

3月15日(日)から3月18日(水)に、渋谷パルコのギャラリースペース・COMINGSOONで限定販売される。

徹底管理されたコオロギを使用

「コオロギビール/Cricket Dark Ale」は、こだわりの国産コオロギを使って製造した風味豊かなビール「ダークエール」。

丁寧に焙煎されたフタホシコオロギとローストモルト(麦芽)を麦汁に加え、コオロギの香りとうま味を存分に引き出している。 原料となるコオロギには、飼料用のコオロギを育てている「太陽グリーンエナジー株式会社」のフタホシコオロギを使用。

このフタホシコオロギは、福島県にあるファームで、室温・湿度管理を徹底した最適な環境下で社食のロスで出る野菜などを餌に育てられ、収穫後も丁寧な洗浄と熱処理が加えられている。

高い栄養価と持続性で世界的に注目される昆虫食

ゲテモノ/害虫など悪いイメージが先行しがちな昆虫だが、近年、栄養価の高さと持続可能性の高さが評価され、食材としても世界的に注目が集まっている。

「ANTCICADA」は食材としての虫の魅力を伝えるべく、2種類のコオロギで出汁をとった「コオロギラーメン」や、個性豊かな虫たちを使ったコース料理の提供および商品開発に取り組んできた。

そんな「ANTCICADA」と以前から原材料としての昆虫の可能性に注目していた「遠野醸造」が意気投合し、共同開発することに。

両社はビール作りで残るビール粕をコオロギに与えてつくる循環型ビールの開発に取り組むなど、今後も改良を重ね、全国そして世界に向けて、コオロギビールを届けることを目標に据えている。


コオロギビールの資料を見てみる

未来のカルチャー

こんな記事も読まれています

イベント情報

コオロギビール / Cricket Dark Ale

使用素材 フタホシコオロギ(福島県産)、麦芽、ホップ、酵母
提供場所 遠野醸造 TAPROOM(3月15日提供開始予定)

コオロギビール POP-UP STAND by ANTCICADA
会期:2020年3月15日(日)〜3月18日(水)<10:00〜23:00・入場無料>
場所:COMINGSOON 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ1F

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

26
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ