46

ケンドリック・ラマー、ムック本が刊行 Awich、MOMENT JOONの名前も

ケンドリック・ラマー、ムック本が刊行 Awich、MOMENT JOONの名前も

ムック表紙/画像はAmazonから

POPなポイントを3行で

  • ラッパー・Kendrick Lamarのムックを河出書房新社が発売
  • ピューリッツァー賞を受賞した「ヒップホップの新たな王者」
  • 表紙にはAwich、MOMENT JOON、磯部涼、imdkmらの名前
ラッパー・ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)さんのムック(河出書房新社)が、3月27日(金)に発売される。

アルバムを発表すればグラミー賞の各部門で多くの受賞・ノミネートを受け、2018年にはカルチャーの醸成に対する多大な貢献が評価され「ピューリッツァー賞」を受賞するなど、「ヒップホップの新たな王者」と称されるケンドリック・ラマーさん。

そんな彼を特集したムックの表紙にはAwichさん、C.O.S.A.さん、OMSBさん、MOMENT JOONさんなどのラッパーほか、磯部涼さん、imdkmさんらライターなどの名前も記載されている。

「ピューリッツァー賞」を受賞したラッパーという異彩

Kendrick Lamar “DAMN” 告知映像
2016年の第58回グラミー賞では最多となる5冠を獲得。

翌2017年にリリースしたアルバム『DAMN.』では商業的にも成功を収めつつ、Pitchfork、Complexをはじめとする音楽メディアで軒並みベストアルバムと評価されたケンドリック・ラマーさん。

特に『DAMN.』は、アメリカ国内において新聞・雑誌などによる報道や、文学・作曲などによるカルチャーへの貢献が評価される「ピューリッツァー賞」の音楽部門において、初めてヒップホップの作品が受賞したとあって大きな話題となった(それまではクラシックかジャズのみ)。

黒塗り広告の元ネタはケンドリック・ラマー

大きな話題になったと言えば、2018年に東京メトロの国会議事堂駅と霞ヶ関駅に出現した黒塗り広告は、彼の来日にあわせて制作されたもの。

当時は黒塗りの公文書がメディアを賑わせていたが、人種・性別などの属性による分断が進むアメリカの現実に対して、リアルかつ痛烈なメッセージを発した作品『DAMN.』を用いた挑戦的な広告とあって賛否を呼んだ。 そのほか、「ピューリッツァー賞」の受賞後に受けた初めての海外メディアでの取材がNHKの独占インタビューだったことなど、何かと日本に縁のあるケンドリック・ラマ-さん。

発売を約2週間後に控えたいまもムックの詳細は明かされていないが、どのような内容になるのか注目したい。

社会とカルチャー

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

42
3
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ